サプリメント

食べやすくて美容にも健康にも良い!宇津救命丸「青汁ゼリー」の効果

宇津救命丸「青汁ゼリー」

夜泣き、下痢、かんむしに効果のある「宇津救命丸」の宇津救命丸のメーカーから発売されている青汁のサプリメントです。

青汁自体、苦さや粉っぽさによる飲みにくさを感じていた人におすすめです。

宇津救命丸「青汁ゼリー」徹底評価

宇津救命丸「青汁ゼリー」徹底評価

ケール、明日葉、大麦若葉を使った青汁は、便秘改善はもちろん、日々の野菜不足を補ってくれます。

ただ、青汁サプリメントは一般的に粉であることが多く、続いて粒やカプセルが多いです。それ以外のサプリメントは、あまり例がなく探しても多くはありません。

粉だと、1包あたりの単価が安いものの粉状だと飲むときに風味が強く感じられたりして「まずい!」と感じつつ飲むため、苦手意識を感じる人も多いのが事実。

製品も改良されてきていますが、苦味や独特の風味がありました。

ゼリーで食べる青汁サプリメント

「青汁ゼリー」は、赤ちゃんのかんむし、乳はきの「宇津救命丸」のメーカーの製品です。

宇津救命丸は1597年に創業。赤ちゃん用の「ももの葉ローション」など赤ちゃん・子供用品を中心に、子供も服用できる暑気あたりの薬「五苓散(ごれいさん)」を販売しています。

子供が飲める薬、「宇津こども下痢どめ」や「かぜ薬」もあり、子供用の「青汁ゼリー」も、子供にも向けた商品なのかもしれません。

青汁に苦手意識を抱える子供にも食べやすいように工夫がされています。

青汁ゼリーの成分

青汁ゼリーの成分

スティック状、パウチにゼリーが入っていて、青汁が配合。

青汁と書いてはありますが、「パイン味でパインの果肉が入って」います。青汁の味が苦手な人にもおすすめです。

青汁とパインの色が混ざった茶色の色で、色の見た目はあまりよくありません。ただしパウチに入ったゼリーなのでいつでもどこでも、水がなくても食べることができます。

国産の大麦若葉、明日葉、ケールが使われています。

購入した時には5包パックがありましたが、インターネット検索で30本入り商品もあることがわかりました。

1本あたり18.6mgのカルシウムも摂取できる

カルシウムも配合されていて1本あたり18.6mgが摂取できます。使用量は食品として1日あたり1~2包を食べます。

卵・乳・小麦・えび・かに

卵・乳・小麦・えび・蟹アレルギーに注意

子供に与える時には卵、乳、小麦、えび、かにを含む製品を工場で製造しているので、アレルギーのある人は避けた方がいいかもしれません。

カルシウムはエネルギーは1本あたり18.45kcal。冷蔵庫で冷やしておやつ感覚で食べることもできます。

宇津救命丸「青汁ゼリー」の効果

宇津救命丸「青汁ゼリー」の効果

野菜不足を補ってくれる青汁。

ケール、明日葉、大麦若葉など、日常の生活では野菜をそのまま取ることができない場合にも、サプリメントでなら一定量を継続して摂取することができます。

健康や美容にもいいとされ、配合されているビタミンCはコラーゲン生成を補助してくれます。

「青汁ゼリー」は国産のケール、明日葉、大麦若葉を使用。毎日の健康維持ができます。

宇津救命丸「青汁ゼリー」使用者の口コミ

元々、青汁は愛飲していました。粉をはじめとして、冷凍タイプも飲んでいました。青汁好きが高じてグリーンスムージーも飲んでいたほどです。その後、ユーグレナの緑汁にも挑戦。今は、安価な青汁の粉を常備しています。私は薬のようにそのまま水で飲んだり、野菜ジュースに溶かして飲んでいます。ただ、家族は粉状の青汁サプリメントが好きではありません。健康にいいとすすめてみても「粉でむせる」「味がおいしくない」「野菜ジュースに混ぜてもとけのこりがある」などとして、買い置きがあっても結局は飲まないことが多かったです。結局、ハンバーグに混ぜたり、お好み焼きに混ぜたりして、最終的には自分ひとりが飲んでいました。

夫の健康診断で野菜不足を指摘されたこともあり、なんとかして青汁を飲んでほしいと思って、普段は行かない店舗で見つけたのがゼリータイプでした。見つけた瞬間は、青汁ゼリー、パイナップル味なら食べてくれるかもしれないと淡い期待を抱いて購入して帰宅。1包あたりは100円ほどで、粉の青汁よりかは高いですが、サプリメントとしてはそこまで高い印象はありませんでした。スティック状で持ち運びもしやすく、こういったゼリーならおやつのようにして食べてもらえるかもしれないと挑戦しました。

食べてみて思うのは、甘くて青汁の味のイメージとは違います。そして、パイン味でパインの果肉入り。繊維が感じられるので食べごたえもあります。味はパインの味が勝つので、パイナップルゼリー感覚でおやつに食べることができます。青汁はパイナップルの色に混ざって茶色っぽい色になっていますが、臭いも味もしなかったので、青汁に苦手意識がある夫も続けてとることができそうでした。青汁が嫌いな夫も「おいしい」と評価してくれました。

まとめ、男性にも使えるか?

男性にも食べてもらえます。そして、冷やして食べると青汁の味もより軽減され、子供も好きそうです。

青汁のサプリメントは粉が多いですが、溶けにくいので食べにくかったり、苦味が邪魔して好きじゃない人もいます。粉っぽさにむせてしまうことも。そんな人こそ挑戦してもらえます。

水もいらないので仕事をしている女性もポーチなどに入れて職場に持参できます。味もパイナップル味でスイーツ感覚です。