FUJIFILM(富士フイルム)

富士フイルム「アスタリフト モイスチャーフォーム」を使ってみた!効果と口コミまとめ

富士フイルム「アスタリフト モイスチャーフォーム」洗顔料

世代を問わない国内優秀化粧品として、売れに売れているシリーズ。

電車や雑誌、テレビなど各所の広告がふんだんに展開されており、化粧品に興味がない人でも「ああ、あの赤の!」というほど有名な富士フイルムのアスタキサンチン、リコピンをベースとした化粧品シリーズの中で、潤いを持ってやさしく洗い上げてくれる洗顔フォームです。

デパート、ドラッグストア、スーパーなど、かなり幅広く発売されており、とても買いやすい製品です。

今回は、この中の基本ラインから「アスタリフト モイスチャーフォーム」をご紹介します。

富士フイルム「アスタリフト モイスチャーフォーム」徹底評価!

赤が効くとして有名なシリーズ。パッケージは赤をベースにして、ノーマルのラインはすべてのパーツが真っ赤なボトルやチューブ。ホワイトニングラインは、白銀に同じ赤をあしらったボトルデザイン。
インテリア的には、ちょっと水まわりの環境ではうきがちですが、でもこの赤が元気が出るとしてお気に入りポイントに挙げる人も数多く見られます。

発売当初からその色も個性的でしたが、かなり独特なのがニオイです。

どの製品も、ちょうどフィルム現像液のような、ちょうど昔懐かしいタイプの街の写真屋さんを訪問したときの香りがうっすらと漂います。

発売された当時は「ものはとても良いんだけど、このにおいが苦手」という方も多く在りましたが、その後、アスタリフトの製品群の中でもさまざまな製品がリリースされ、その評判がたかまるにつれ「においはまあ我慢します」といった方も増えてきています。
それほどまでに高い効果が口コミ人気の高い、納得品質の製品です。

このモイスチャーフォームもほんのすこし、このフィルム現像液のニオイを含んでいます。

アスタキサンチンとリコピンの、製品をイメージづけている「赤」の色素パワーが、古い角質や毛穴の汚れなど、肌のくすみやかさかさと粉を吹きがちな部分も、しっとりしっかりと洗い上げ、皮脂などによる蓄積ダメージもオフしてくれる製品です。

コツがつかめれば両手で泡立ててもふんわりとして比較的細かく、またみずみずしくて、泡立てた後に顔などの肌に触れるとさっと肌のキメに広がるタイプの洗顔料で、あまり擦らずとも脂汚れがすっきり落ちているのが実感できます。

このみずみずしい泡の広がりは私自身も体験していますが、同時代の製品としてはかなり質が高く、画期的な品質という感じがありました。とにかく泡が柔らか。
新発売時からずいぶんと時間がたってしまいましたが、それでもこの泡の広がりは、今でも多様な洗顔料市場において、かなり特筆すべき機能です。

このみずみずしい泡は、はだに長時間のせたままにしても、多くの方では刺激やいたみ、かゆみを感じることがありません。私自身ではカミソリでの全面顔そり後に、こちらで顔を洗っても全くしみないほど。
また、穏やかで泡がしっかりとしているので、女性の産毛そり用のシェービングフォーム代わりにも使えます。
男性のように強い力での髭剃りには、多少頼りない感じですが、ひげが薄く細い毛の男性であれば、同様に使用できるかもしれません。

洗顔フォームではありますが、美容液などにも配合されている、水溶性コラーゲンが配合されており、長時間肌に載せていても、泡パックのような心地よさがあります。(※メーカーで推奨されている使用方法ではありません)

そしてとくにコラーゲン配合製品では、いくら水で洗い流してしっかりとすすいでも、毛穴周りや毛穴自体が洗い切れていないような感触になることがありますが、さすがにアスタリフトのモイスチャーフォームは、すすぎが終わったというのが手からまず始めに感じられるほど、わかりやすい機能設計。

よく、日本の化粧品は、説明書の文字をみなくてもすぐに使えて、安全性も品質も高いから安心・・・といわれますが、こういうしっかりとキレる泡、すきっと洗い流せたことがわかる機能面の設計などが「さすがの大手メーカー品」と唸らせてくれます。

男性では、お肌のお手入れではなく、製品分析や職場や学校での販売や製造上のコツ、技術研究などのコツや勘所を掴みたくてこうした製品を使用される方がありますが、そういう意味ではとても良くできた製品だと思います。
もう一度書いておきますが、この製品はこの洗い上がりで、ちょっと難しいだろう水溶性コラーゲンを含んでいるのです。技術面は信頼できる・・・かもしれません。

富士フイルム「アスタリフト モイスチャーフォーム」使用者の口コミ

良い口コミ

[char no=”6″ char=”いいね!”]すっきりした洗い上がりなのにつっぱりません。乾燥しないのはさすが大人肌を考えたブランドですね。泡だてネットを使うとフワフワの気持ち良い泡が作れます。[/char]

[char no=”6″ char=”いいね!”]なんだかんだ結構アスタリフトは好きなブランドです。こちらはやはりアスタリフトらしく赤い色でローズの香りがほのかにします。少量でも濃密で軽やかな泡ができます。[/char]

[char no=”6″ char=”いいね!”]トライアルキットを数回購入し、気に入ったので、フルサイズを購入しました。香りも優しく、ネットで泡立てて使っていますが、きめ細かくコシもあり、フワフワでもあります![/char]

[char no=”6″ char=”いいね!”]これを使い始めてから、大人ニキビとは無縁に。ほどよい洗浄力で、つっぱる感覚もないです。[/char]

[char no=”6″ char=”いいね!”]モコモコな濃密な泡で洗顔出来ます。適度に潤いも残るので気に入ってます。泡立ちがいいので洗顔して暫く泡パックしていますが、洗い流す時に泡切れもよくてリピ決定です。[/char]

[char no=”6″ char=”いいね!”]最近のお気に入り洗顔フォーム。クレンジングオイルとセット使いです。オレンジがかったお色のフォームで泡立ちも良い方です。[/char]

[char no=”6″ char=”いいね!”]偶然買ったトライアルキットに入っていたものがとても良かったので、フルサイズでリピートしています。私の場合、既にできているシミは薄くなりませんが、肌のトーンが明るく。[/char]

[char no=”6″ char=”いいね!”]柔らかい泡に、あのやさしいオレンジ色。
洗い上がりはサッパリではなく、潤いの残るしっとり派。
香りもほのかにローズっぽい???敏感肌ですが、刺激もありませんでした。[/char]

悪い口コミ

[char no=”7″ char=”よくないね!”]トライアルキットで使用し、匂いが好きだったので購入しました。少量でもネットで泡立てるとしっかりキメ細かい泡が作れます。ただ、洗浄力がなかなか強いのか毎日使っていると乾燥。[/char]

[char no=”7″ char=”よくないね!”]化粧水と一緒に購入しました。だが、泡立ち悪いです!手に適量とっているのにもかかわらず洗顔後の突っ張り感もありました。[/char]

[char no=”7″ char=”よくないね!”]クレンジングの後に使うと洗浄力があり過ぎすのか少しお肌が突っ張る感じはします。匂いもきついので、私の好みの匂いでは無いのが難点です。[/char]

[char no=”7″ char=”よくないね!”]泡立てネットでモコモコにしてから使用してましたが、私には洗浄力が強すぎたようで、キメの流れたビニール肌になり、今までほぼ目立たなかった毛穴が目立ってしまいました。[/char]

こちらにご紹介したのはほんの一部ですが、あの製品の香りの奥底にある独特の香り・・・あれがちょっと苦手という人も多いようです。バラの香りに隠れてしまって、全くわからないもしくは、好みの香りという人もあり、評価は完全にわかれるところ。

また特筆すべきは洗い上がり面でも、潤う派と、かさかさ派が真っ二つに分かれるところ。

これは1タイプの製品でより多くのユーザーの肌質をカバーしようとした設計によるものでもあり、この設定だからより多くの人、季節による肌変動に左右されにくく、いつでも使えるといったメリットにもつながるため、むしろ製品としては良い傾向だとも言えるでしょう。

アスタリフトの通常ラインでは、メイク落とし以外の洗顔料は唯一本品のみです。

まとめ:男性でも使える?

パッケージが赤色+香りがバラ+現像液の香りということもあり、好みが分かれるところです。
最近はシンナーなどを用いたものが減り、各社独自の配合となっていますが、よく学級新聞や掲示物を書くときの、その油性フエルトペンが好きという方があります。あのペンの癒し効果にも似た、独特の安らげる香りでもあります。

幅広い肌質をカバー可能という点ではオススメできますが、パッケージの赤が苦手という方には、無理にオススメしません。

コラーゲンタイプの保湿機能を持っているため、カミソリ負けが多い方や、また、髭剃り時に強く肌を傷つけてしまいがちで潤いを欠くことが多いなら、試してみる価値は十分あると思います。

薬局やスーパーでも、全国広いエリアでトライアルキットが売られており、約1000円。
男性にも購入しやすい環境です。