ロート製薬

ロート製薬「ベビーセバメド フェイス&ボディウォッシュ」の効果と口コミ!

ロート製薬「ベビーセバメド フェイス&ボディウォッシュ」

アトピー性皮膚炎、アレルギー性皮膚炎、あかぎれやとびひ他、さまざまな肌トラブル時には、もう何をつけてもまったく体を洗うことができないなんて言う方も多いようです。

今回ご初回のベビーセバメド フェイス&ボディウォッシュは、洗浄料というよりは肌に優しいオイルでちょっと緩めのヨーグルトのようなさっぱりとした使い心地。
肌にやさしく刺激も無い、赤ちゃんにも使える、100%ソープフリーの洗浄料です。

ロート製薬「ベビーセバメド フェイス&ボディウォッシュ」徹底評価!

販売はロート製薬で、製薬会社だからこそのさまざまな研究成果の生きた製品です。

セバメドシリーズには、いずれもpH5.5で、一般の方向けの「セバメド」と、赤ちゃんの為に開発された「ベビーセバメド」シリーズの各商品があり、皮膚科学の研究に基づいて開発されています。
固形の石鹸型洗浄料や液体洗浄料。潤い補給用のローションや、クリーム、リップ、オイル、ヘアケア製品など、とくにさら湯に肌をつけてすら染みるような人の肌には嬉しい製品がしっかりと揃っています。

その中でも、いずれのラインにおいても、このフェイス&ボディウォッシュは、100%ソープフリー。

初めて開けて手にこちらの液体をとったときに、とてもさらさらとして手からこぼれそうなほどの柔らかさと、独特のオイリーというか乳剤のような感触に驚くはずです。

私も初めて手に取った時「これで洗えるのか?」ととても不安になったほど。

ですが、とても肌トラブルが酷く、全身が傷跡のようになって、生皮が向けて肉があちこちから出ている程度の肌トラブルの日でも、痛みやしみることもほとんどなく、優しく不要な汚れを洗い流してくれます。

体調の良い時にはボディソープの要領で、ブラシやタオル、ガーゼやスポンジなどによってよく泡立てて洗い流します。ソープフリーと言えども、この洗い方でもかなりすっきり。幾度もタオルやガーゼなどで磨くように擦ることで、意外ときゅきゅっと洗えることもできます。

また、肌の調子がかなりわるく、それでもドクターにはお風呂や洗浄はOKと言われているような日には、体全体に、ナイロンタオルやスポンジで泡立てた泡を載せ、もしくは体全体にこの洗浄料を直接手でなでつけるようにつけたら、それを肩や頭から間接的にお湯を流すことで洗い流します。
洗浄料が流れ落ちる感じが弱いようなら、シャワーで流したり、あるいは浴槽などに洗浄すすぎ用のお湯をためて、赤ちゃんやお年寄りの沐浴風に使用しても良いでしょう。

「意外と肌のごわつきが取れて、かつ、角質化している部分で肌に残る部分はしっとりしている」といったあたりがとても快適な製品です。

弱酸性の上、目にもしみにくい処方なので、怪我の治りかけや酷い日焼けでの皮剥けのときにも快適。

他社の全身があらえる肌に優しい製品とも、やはり使える範囲や洗浄成分の考え方がまたことなっており、本当に皮膚炎が酷い時などには強い味方になってくれます。

これとよく似た製品は、私の場合イタリアの薬局などで売られている、自然派の薬系コスメでだけ知っていますが、そちらはいかんせんお高く100mlで数千円。
それから考えると、化学メーカーや製薬メーカーも多い日本の場合、各社の競争もあってかとてもリーズナブルで、洗浄の方式や肌への優しさなど含め、広く選び放題という感じがあります。

四季もあり、また寒暖差や湿度差も年間通じて多いだけでなく、さまざまな植物や生き物、そして都会化の影響などで、あるいは豊かな食生活などのため、肌トラブルが多いお国柄の日本というだけあって、こうした製品も、細かな自分の体調や肌質、原因などをしっかりと見極めたうえで、詳細な成分表示から製品をえら部事ができる点は便利です。
もちろん全成分表示があり、かなり頑固な皮膚病でも、かかりつけのドクターなどに相談できる点なども便利です。

ロート製薬「ベビーセバメド フェイス&ボディウォッシュ」使用者の口コミ

良い口コミ

[char no=”6″ char=”いいね!”]まず、香料が入ってますがこれはいい匂いです。そしてpHをしっかり設定されているみたいなので肌に刺激もないです。洗顔料を使って洗うとニキビができるのですがこれはその被害が少ないです。泡で出てくるタイプなので楽です。[/char]

[char no=”6″ char=”いいね!”]オレンジ色っぽい液体で、よく泡立つので赤ちゃんのお肌も優しく洗えそうです。柑橘系の香りがします。泡切れも良く、流したあともお肌潤ってます。[/char]

[char no=”6″ char=”いいね!”]アトピー持ちです。合わないボディソープが多く、近所で買える敏感肌用の製品を探してセバメドとミノンを買ってみました。無香料です。ちょっと物足りないけど安心。[/char]

[char no=”6″ char=”いいね!”]次男が赤ちゃんの時に使っていました。
うちは3人共に肌が弱く、夏場は汗疹に悩まされ冬場は強度の乾燥に悩まされ…。
特に次男は酷く、乳幼児湿疹がとても酷かったので洗うもの1つにも安心出来るものをとこだわっていました。
こちらはその時期にリピートして使ってました。
これしか肌に合わなくて他の物を使うと真っ赤にただれたりしてしまったのでこちらで頭から体迄一本で済ませていました。。[/char]

悪い口コミ

[char no=”7″ char=”よくないね!”]肌に触れているときの刺激は少ないのですが、洗い流したあとに乾燥してしまい自分の肌には合いませんでした。[/char]

[char no=”7″ char=”よくないね!”]はい、普通です。いや、いいんです。いいんですけど、このコスパだとミノンの方が断然いいです。[/char]

[char no=”7″ char=”よくないね!”]今は使ってませんが値段を抜けばとても良い商品だと思います。[/char]

使用される方の大半が、新生児を抱えていらっしゃるご家庭ということもあり、コスト面がとてもつらいという方は大様です。ただし、各社製品とはことなり、洗浄方法や潤いなど細部がかなり特徴的で、本当に洗えない人にとってはこの製品以外は全く市販品がNGということさえあります。
本当にこちら以外ではさら湯しか使えないため、肌のごわつきや粉瘤などが発生することもあり、そういった意味では最後の頼みの綱という感じすらします。

やはり赤ちゃん製品ですが、他社のベビー石鹸などとはちがい、染みない点などは人気なようです。

液体ベースのタイプでは、泡タイプと液体タイプの2種類がありますが、多くのユーザーには同一製品と位置付けられており、コメントではどちらのユーザーかがわかりにくいようです。

まとめ:男性でも使える?

かなり特徴的なソープフリータイプの洗浄料。

男性でもカミソリを一度肌に宛てた後は2~3日肌がひりひりしてしまい、その上から洗顔するとひどい皮膚炎やニキビになどといった方もあります。

そんな方にはこの穏やかな洗浄力ながらpH5.5のセバメドシリーズはおススメ。

今回ご紹介のベビーセバメドタイプも良いですが、通常のセバメドシリーズもアイテム豊富です。薬局などで相談してみるのも良いでしょう。