besoften_lotion

私は、ニキビ肌で、すぐにニキビができてしまうので、色々な商品を試してきました。
定番のオルビスや、皮膚科で頂いたローション、ライスフォース、などなど、数えきれません!

中でもいいなと思ったのが、ビーソフテンローションです。
「保湿」だけで考えるのなら、効果、コスパともに最高です。

[AdSense_top]

皮膚科で処方。ビーソフテンローション

ビーソフテンローションは市販されているの?

ビーソフテンローションは市販されていません。乾燥肌やアトピー肌のために皮膚科で処方してくれる化粧水です。
保険が適用できるので薬価も安く、数百円で手に入ります。

ビーソフテンローションの効果

ビーソフテンローションは、「究極のアンチエイジングクリーム」と呼ばれている「ヒルドイド」の後発医薬品(ジェネリック薬品)でもあります。
血行促進や皮膚保湿剤として処方されるもので、保湿作用のほか、血行をよくする作用があります。

転んで足を打ったりぶつけたりすると、晴れて青アザができてしまいます。これは、皮下に出血がおこったためで、血管から流れた血液が皮下に溜まったものを皮下血腫(ひかけっしゅ)といいます。ビーソフテンローションには皮下血腫を早く吸収させる作用もあります。

皮膚のマッサージ用としても優れていて、皮膚の炎症を早く改善するのにも役立ちます。

通常は、肌が乾燥した場合に使います。
一度使った方は分かると思いますが、翌日には肌がしっとりモチモチになります。

保湿が非常に優れているため、皮膚自体の老化を予防し、シワを取り、若返り効果が見込めます。使ってみると、目に見えて効果がわかるローションです。

冬の乾燥肌や、アトピー肌にも使用されます。

また、皮脂欠乏症、進行性指掌角皮症、凍瘡、肥厚性瘢痕・ケロイド、血行障害に基づく痛みや炎症性疾患、外傷後の腫れ・痛みなどの治療や、最近では、認知症薬リバスタッチの皮膚障害予防を目的として処方されることもあります。頻繁に塗ることで、皮膚障害の予防にもなります。

ビーソフテンローションの使い方

ビーソフテンローションをなじませるように、手のひらに載せて、肌にそっと当てていくだけで、終わりです。入浴後10分位内に塗るのが最も効果的です。

通常、1日1回~数回、乾燥の気になる部分に塗ります。顔に塗る時は洗顔後に塗り、目に入らないように注意してください。

塗り忘れた場合は後から塗ってもかまいませんが、できるだけ早く塗るようにしてください。

容器が小さいので1日朝晩使うとすぐ無くなりそうですが、2週間で1本のまだ半分も残っています!

私の場合、ビーフソフテンローションを使うようになって、2週間後くらいから、肌の違いが感じられました。

保湿には最適な化粧水です。

 

ビーソフテンローションの成分は?

ビーソフテンローションの主成分は、「ヘパリン類似物質」です。

ヘパリンは、私たちの体内にある物質で、肝臓で生成される「ムコ多糖類」の一種です。ヒアルロン酸と同じ種類ですね。

 

 

ビーソフテンローションの副作用

ごくまれに、ビーソフテンローションの副作用として、皮膚炎、発疹、かゆみなどが報告されています。ビーソフテンローションを塗って副作用がでた場合は、診察していただいたお医者さんや、薬剤師に相談してください。

ビーソフテンローションは、あまり副作用を心配するようなローションではありません。保湿目的の場合は、頻繁に使って大丈夫です。特にアトピー肌の場合は十分に塗って保湿に心がけましょう。

ただ、このビーソフテンローション。
血行を良くする作用があるため、傷口に塗ると、止血を妨げます。

肌に傷がある時は、避けて使用してください。

眼には入れないようにしましょう。

 

ビーソフテンローションの保管方法

子供の手の届かないところで、直射日光や高温・多湿を避けて保管します。

ローションが残ったまま長期間保管するのはおすすめ出来ません。その場合は破棄してください。

 

まとめ

最強の保湿剤です。元々保湿ローションのようなものなので、副作用もほとんどありません。

肌の乾燥がひどいときは、風呂上がりと朝など、複数回使用しましょう。

[AdSense_footer]