美容文化社

美容文化社「ぬかと袋」を使ってみた!効果と口コミまとめ

美容文化社「ぬかと袋」

これまでどんな石鹸やどんな洗顔フォーム、そしてドクターなどから処方された洗顔料をつかっても、肌もとってもかさついたり、こなをふいたり・・・もうどうすれば・・・などと思っていた方にもオススメしたいのが、日本においては石鹸よりも古くから、入浴や沐浴時の肌ケアから美肌用材、そして洗顔料としても使われてきたぬか袋。

顔はもちろん全身に使えて、豊富なビタミンや紫外線を吸収して皮膚に抗酸化作用を与えてくれるオイルとして話題のガンマーオリザノールを含む米油などが、肌に優しくうるおいを保ちながら美肌に導いてくれるとして、とても評判のぬか袋。自分ではじめて作るにも、ツカエルぬかのタイプや作り方がわからないという方にもオススメできる、シンプルなぬかと袋のセットが評判です。

美容文化社「ぬかと袋」徹底評価!

まずこれだけは覚悟しておかなければならないのが、防腐剤や加工の施されていないぬか袋は、とてもかびやすく腐りやすいということ。
そして、洗い上がりのしっとり感は、肌にクリームを全体に塗った程度に多いということです。

ちょうど韓国旅行に行ってあかすりを受けたら、帰りにヤクルトでの全身パックなどをされることがありますが、あれよりもしっかりとした肌ベールがかかり、かつすこしべたつきます。

どちらかというと、お風呂に入っていて、さら湯(沸かしただけで一切の入浴剤などを含んでいないお湯)ですら刺激になるような、アトピーや皮膚炎、敏感肌という人ですら、この米ぬかを袋に入れたぬか袋でのやさしいこすり洗いでは、うるおいを十分に感じながら、本当に不要な皮膚だけがうっすらと肌から離れたというほど穏やかな洗い上がり。

濡れた素肌をナイロンタオルや綿タオルでこすったり、手に塗りつけた石鹸やボディソープ、泡立てたフォームで洗っているのとは何もかもが異なる仕上がりです。

通常は石鹸など一切付けずに、よくぬるま湯のなかに浸して揉んだぬか袋を、濡れた肌もしくは乾いた肌に擦るようにして使います。
その後、揉んだぬるま湯か、シャワーや蛇口のフレッシュなぬるま湯や水で1~2度すすぐだけでOK。
でもやはりどれだけすすいでも、ぬか独特のあの匂いはします。
ですがもちっとして高級な美容液でつつみこんだような、つやのある美肌と被膜が出来上がります。

同様にして全身をこすり洗いするもよし、またお風呂に漬かりながら、そのなかでぬか袋をもみながら、入浴剤の要領で使うのも良し。これがかなり温まる。
じつは幅広い使用方法があります。

こちらの製品は、一般によくうられている糠床用米ぬかとしてはちょっと細やかで、トウガラシや保存料などが含まれていない純糠タイプ。そこから丁寧に不純物が取り除かれています。セットの中には木綿のガーゼの袋2枚と、特別精米の胚芽10%強化タイプの米ぬか5回分が入っています。

お手元に届いたら、パッケージの中にある2枚の袋の中にそれぞれに入れて2つの袋をつくり、片方を使いおわったら窓辺で一日乾燥、サイクルをくんで使いまわすもよし。また肌に沢山ぬかのべたつきや袋から飛び出てきたぬかそのものが付着するのが嫌なら、二重仕立てのぬかぶくろをつくるのも良いでしょう。

多めにピッタリ入れて、浴槽のお湯にとかしながら使うのもイイですし、2-3日ごとに継ぎ足しながら使ったりなど、さまざまな使用法があります。

美容文化社「ぬかと袋」の効果は?

昔からある「ぬか袋美容」では、肌の保湿とぱーんとしたハリ、そしてこれでもかというほどつやつやの肌の光沢感などが人気があったそうです。これは現代とは異なり、昔は、発育不良の米や、米ぬか部分をより多くそぎ落として、米のかけらなどもぬかに入っていたための、スクラブのような効果もプラスされていたといいます。またモミなどに生えているやわらかなとげのような部分なども含まれていたと考えられています。

現代でも、ぬか袋をつくるときに、もみがらや米をミキサーのようなもので砕いた粉を入れる人も多く在りますが、これらも、ぬか袋を通した穏やかなスクラビング効果を狙っているそうです。

やはり石鹸や洗剤とは異なり、ぬかの膨らむ形状や、袋のコットンでこすることによる穏やかなこすりあらいのため、うるおいの残り方は別格。むしろぬか袋がぬるぬるし過ぎるくらいです、
どんな石鹸や洗剤でも、このうるおいにかなうものはまずぼないでしょう。

反面、糖質や油分も残っているぬかが多いため、べたつきと、においが気になるほか、幾度も水を吸っては乾かされたぬか袋は、使用を始めてから徐々に強烈なにおいのピークを迎えたのちに、においが急激に薄くなり、同時に効果も失われていきます。

美肌効果はすきなのだけど、日中急に糠床のニオイがして、皆の話題に・・・などと恥ずかしい思いをするのが嫌で、夜間のスペシャルケアとして使っている方も多いようです。また、こちらの製品は、他社のぬか袋や糠床用のぬかと比較しては、香りが少な目。それでも強い方ですが、ぬかがちょっと苦手ならこのあたりから入ってみるのも良いでしょう。

使っているうちにいつの間にか肌が明るく「最近なにか化粧品変えた?」なんて聞かれることが多い人もあるようです。

美容文化社「ぬかと袋」使用者の口コミ

良い口コミ

[char no=”6″ char=”いいね!”]私もお肌に自然な透明感が出てきました。
何よりこの季節、乾燥気味なのが、今年はしっとりで
嬉しいです。[/char]

[char no=”6″ char=”いいね!”]夏場に買って当初はちゃんと付属の袋にどっさり入れて使っていましたが、くさくなって袋ごと捨てたり、今ひとつうまく使えていませんでした。
冬になって肌のかさつきが気になりだし、改めて購入。てるてる坊主状に口を留め、湯をふくませ、気になる箇所にくるくる。ぬかの量は少ないので、ぬか袋というよりぬかから染み出した汁をふくんだ布、という方が近いかも。この方法にしてから、臭くなることもなくなり、また思い立ったときにすぐ使えるようになりました。[/char]

[char no=”6″ char=”いいね!”]これは素晴らしい です。ボディ、そして顔洗顔、パックとして利用しています。肌がきめ細やかになり、顔のくすみがとれ、ぱぁと明るくなりました。さらに、鼻にパックとして利用。[/char]

[char no=”6″ char=”いいね!”]私はこれをパックにしています。糠と、はちみつ、うぐいすの粉を水で溶きます。表面がカピってきたら洗い流します。真っ白もちもちになります![/char]

[char no=”6″ char=”いいね!”]添付されていた袋にぬかを入れて、そのままポ~ンとお風呂に入れて、自分もお風呂に浸かります。ある程度ゆか袋に水分が含まれたら、ぬかを搾り出して、顔に付けて、数分間パック。[/char]

[char no=”6″ char=”いいね!”]おいしそうなにおい。やさしく顔や身体をこすります。昔の人もこんなふうに体を磨いていたんだなぁ、とうっとりとした気分でくるくるします。[/char]

[char no=”6″ char=”いいね!”]毎日顔を含め全身をこちらで洗っています。肌がしっとりつるつるになりました!肌荒れも全く起こらなくなり、とてもびっくりしています。乾燥肌、敏感肌の方にオススメです![/char]

悪い口コミ

[char no=”7″ char=”よくないね!”]米ぬかは肌を白くする効果があるとのことですが、即効性のあるものではなく地道に気長に使い続けなければ効果は出ない、とは思っていました。私の場合、それが続かなくて。[/char]

[char no=”7″ char=”よくないね!”]10日くらい使用したかもしれません。何しろ、すごく面倒。使用後はぬか袋を乾燥させなきゃいけないし、開封後のぬかは、かびやすいとの事で開封後は即冷蔵庫行き。[/char]

[char no=”7″ char=”よくないね!”]少量ずつ手にとって水に混ぜてガスールのように使ってます。袋使うとあまりに臭すぎて使えません。冷蔵庫や部屋にまで臭いがこもってしまいました。確かに肌はすべすべなるんですが。[/char]

[char no=”7″ char=”よくないね!”]ガ-ン…使ったらかぶれてもた…全身熱もって痒くて、入浴後二時間程大変でした。でもお肌のしっとり感はありました。[/char]

口コミでは、ひとによってはかぶれなどを覚える方があることと、なによりもみなさん共通なのが「ぬか袋自体の管理が面倒」というコメント。なかなか大変な様子です。
使ってみてよかった方々では、肌のうるおいや明るさのほかにも、長期間使うことで大きくくぼんだニキビ跡などが徐々に目立たなくなってきたという、うるおいケアと肌のターンオーバーとの相乗効果でのなめらかな肌表面にといったコメントが数多く見られました。

まとめ:男性でも使える?

なかなかきつい臭いではあるのですが、香ばしさや甘さもあるニオイ。人によってかなり好き嫌いは分かれます。
ただ、男性にありがちな、酷い日焼けで皮が沢山めくれてしまったような皮膚でも、うるおすことで治りがうつくしく早くなるといった補助をしてくれる、豊かなうるおいアイテムではあります。

また使い続けているうちに自然に明るい肌色にという人もあるため、男性にも効果が同じく期待できそうです。

こまめに袋を干したり、あるいは袋の中身を捨てて入れ替えたりといった作業に女性ほど時間をかける方が少ないという点ではあまりお勧めできませんが、こまめな仕事に自信のある男性にはむしろこちらはおススメできます。
最近はやりのメンズコスメよりももっとオーガニックで肌に優しいものをと考えているなら、こちらは本格的オーガニック。
ぬか美容には古くはシミや日焼けなどに働きかける効果も期待されており、評判でした。とくにコスメとしてなにかを買うのは気恥ずかしいけれどといった男性にもオススメです。