背骨と背筋

若く見られようとメンズエステに行ったり、筋トレをする男性はいますが、骨格にまで気にかけている人は多くありません。

筋肉は骨についています。
皮膚は、その表面にあります。

骨格が歪んでいると、肌にも影響を与えます。

スポンサーリンク

美しい骨格が美しい肌をつくる

骨格が歪んでいると、脊髄神経が100%働きません。
老化の原因は、骨がゆがんで神経の働きが悪くなることといっても過言ではありません。

骨がゆがむと、体内の自然治癒力も低下してきます。

片側でばかり荷物を持っていたり、足を組む癖があるなら要注意。
このような些細な習慣でも、日々の積み重ねによって骨はゆがみやすくなってきます。

とくに顎に歪みがあると、顔が左右非対称になり、歪んでいる側にほうれい線ができたり、シワが出来やすくなってきます。

人間は、左右対称(シンメトリー)を美しいと感じます。
年齢が進むにつれ、顔の骨の歪み、筋肉の歪みは、見た目年齢に大きく差をつけます。

頭蓋骨には15種23個の骨

頭蓋は10種16個の頭蓋骨と、5種7個の顔面骨によって形成されています。

首に7個。
背中に12個。
腰に5個。

全身の骨の数は208個にもなります。
これらが組み合わさり、私たちの身体ができています。

顔・頭部の筋肉

顔や頭部には、以下の筋肉があります。

  • 前頭筋(ぜんとうきん)
  • 眼輪筋(がんりんきん)
  • 皺眉筋(すうびきん)
  • 鼻根筋(びこんきん)
  • 鼻筋(びきん)
  • 口輪筋(こうりんきん)
  • 笑筋(しょうきん)
  • 小頬骨筋(しょうきょうこつきん)
  • 大頬骨筋(だいきょうこつきん)
  • 上唇挙筋(じょうしんきょきん)
  • 口角挙筋(こうかくきょきん)
  • 口角下制筋(こうかくかせいきん)
  • 頬筋(きょうきん)
  • オトガイ筋(おとがいきん)
  • 後頭筋(こうとうきん)
  • 側頭頭頂筋(そくとうとうちょうきん)
  • 前耳介筋(ぜんじかいきん)
  • 上耳介筋(じょうじかいきん)
  • 後耳介筋(こうじかいきん)
  • 咬筋(こうきん)
  • 側頭筋(そくとうきん)
  • 内側翼突筋(ないそくよくとつきん)
  • 外側翼突筋(がいそくよくとつきん)
  • 上直筋(じょうちょくきん)
  • 下直筋(かちょくきん)
  • 上斜筋(じょうしゃきん)
  • 下斜筋(かしゃきん)
  • 内側直筋(ないそくちょくきん)
  • 外側直筋(がいそくちょくきん)
  • オトガイ舌筋(おとがいぜつきん)
  • 茎突舌筋(けいとつぜっきん)
  • 舌骨舌筋(ぜっこつぜっきん)
  • 口蓋舌筋(こうがいぜっきん)
  • 大後頭直筋(だいこうとうちょっきん)
  • 上頭斜筋(じょうとうしゃきん)
  • 下頭斜筋(かとうしゃきん)
  • 最小斜角筋(さいしょうしゃかくきん)

これらがお互いを支え、顔を作っています。

それ以上に重要なのは、首から背中に広がっている僧帽筋(そうぼうきん)。
顔の筋肉を上から引っ張っているのは、帽状腱膜(ぼうじょうきんまく)、喉頭筋です。

筋肉から上の部分は帽状腱膜という組織で筋肉ではありません。
棒状筋膜は髪の毛が生えている部分で、ハゲや薄毛に関わる大切な場所です。

これらがゆるむと顔が緩み、たるみの原因となりえます。

たるみは姿勢で引き締まる

普段から、正しい立ち方や歩き方、座り方を意識するだけで、背中から首、頭部の筋肉に影響を与え、たるみを引き締めてくれます。

姿勢の良い立ち方

正しい立ち方をすると、耳の穴、肩、股関節、くるぶしが一直線になり、重心が足の真ん中にきます。

顎を少し上げ、胸を軽く張り、お腹を引き締めます。
肩に力を入れず、背筋を伸ばしてお尻を引き締めるよう意識してください。

姿勢の良い歩き方

目線を前に向け、顎を少しあげてお腹を引っ込めます。
背筋を伸ばし、お尻を出さずに引き締めた状態で歩きます。

つま先は前に向けて蹴りだし、かかとで着地しましょう。

姿勢の良い座り方

姿勢の良い座り方をした場合も、耳の穴、肩、股関節、くるぶしが一直線になります。

顎を少し上向きにし、軽く胸を張った状態で、背筋を伸ばして座りましょう。
この時、腰は手のひら一個分ほど反ったほうが綺麗に座れます。

首と美容の関係性

首の骨が歪んでいると、交感神経が緊張し、血流が悪くなります。
首には総頸動脈(そうけいどうみゃく)という血管もあり、顔の肌へ栄養を送っています。
首の甲状腺からは、肌の新陳代謝を司るホルモンまで出ています。

首の骨、筋肉を改善すると、それだけで神経、血管、リンパの流れが良くなります。

スマートフォンを長い時間使う男性が多い中、身体の異状を訴える人が増えています。
時間があればスマホを触っていて、気がつけばかなりの時間が経っていることはありませんか?

首が痛い、肩がこるという場合、ストレートネックの可能性があります。

ストレートネック

正常な人の首の前湾角度は30~40度です。
前湾角度が30度以下の状態を「ストレートネック」といいます。

ストレートネックの場合、肩こりの原因にもなるので、早めの対策が必要です。
ストレートネックは美容に悪いだけでなく、頭痛やめまい、手のしびれなど、様々な不調を引き起こします。

ストレートネックの対策には、パソコンやスマホを使用するときに、15分ほど経ったら一度首を後ろに倒すなど、首の筋肉を休ませてあげることが効果的です。

※ストレートネックを知る上で、この動画は参考になります。

▼桐谷美玲さんも体験したストレートネックの症状と治し方

まとめ

頭頂から首、背中、腰にかけて、47個もの骨があります。
これらを正す事で、顔のシンメトリー(左右対称)が維持され、偏ったシワが改善されます。

この状態で顔面の筋トレを行なうと、アンチエイジングに高い効果が期待できます。

すでに出来ているほうれい線やシワは、専用のメンズコスメを使うことで改善され、若々しい肌を手に入れることができます。

スポンサーリンク