BULK HOMME(バルクオム)

バルクオム(BULK HOMME)に8000円の価値はあるのか?徹底検証してみました。

バルクオム(BULK HOMME)に8000円の価値はあるのか?徹底検証

20~30代男性に圧倒的な支持を得ているBULK HOMME。

でも、「BULK HOMME(バルクオム)」というメンズコスメ名だけを見ると、「具体的にどういうメンズコスメか」分かりづらいです。

そもそも、どんな製品なのか?
どうやって作られているのか?
どんな効果があるのか?

これらを総合的にとらえ、価値判断をやっていきます。

そもそも、バルクオム(BULK HOMME)とはどんな製品なのか?

バルクオム(BULK HOMME)って何?

BULK HOMMEは、男の肌に特化して作られたコスメです。
金額は、

  • 洗顔料 2,000円(税別)
  • 化粧水 3,000円(税別)
  • 乳液 3,000円(税別)

となっていて、コンプリートセットは8,000円(税別)します。

他の商品と比べると安く感じますが、一般的にいえば、決して安い商品ではありません。

 

金額だけ見ると、「8000円かぁ。。。」となるところですが、

問題は、8000円以上の価値があるか、他と違うこだわりがあるかどうかです。

 

バルクオム(BULK HOMME)のこだわり

多くの男性化粧品は、女性向けに作られた化粧品に微調整を加えて作られています。

しかし、BULK HOMMEは「男性向け」にこだわっている為、
ゼロから、男性の肌に特化した洗顔料・化粧水・乳液の開発を行っています。

それは、以下のふたつの問題を解決する為です。

 

女性に比べて男性の肌は、かなり大きなダメージを受けている

「摩擦」は美肌の天敵です。ほとんどの男性は、毎日のシェービングに加え、紫外線によるダメージも深刻です。

 

男性は、何も使っていないような、自然な使用感を求めている。

肌に塗って、しっとりと長く残る化粧水や乳液よりも、「何も使っていないような自然な使用感」を求めている事が都内100名の男性へのインタビューから判明しました。

BULK HOMMEは使用感にもこだわっていたのです。

 

バルクオム(BULK HOMME)の作られ方

BULKHOMMEの作られ方
BULK HOMMEはどうやって作られているのか、調べてみました。
と、その前に。

まずは、「GMP基準」というものをご覧ください。

 

バルクオム(BULK HOMME)を知るには避けて通れない「医薬品の製造・管理方法を定めたGMP基準」

法令05

法令に、「医薬品及び医薬部外品の製造管理及び品質管理の基準に関する省令」というものがあります。

これは、医薬品の製造をする者が守るべき内容を定めたものです。

この「医薬品及び医薬部外品の製造管理及び品質管理の基準」を指して「GMP(Good Manufacturing Practice)」と略称しています。

 

これだけだと、分かりにくいですね^^;

簡単に言うと、「必ず同じ品質、しかも高品質の製品を作る」為の基準です。

  • 人による間違いを最小限にする。
  • 医薬品が汚染されたり、品質が低下するのを防ぐ
  • 高い品質を保つ仕組みをつくる

という、「医薬品製造」に課せられた基準です。

薬04

 

BULK HOMMEは、コスメでありながら、このGMP基準を満たしています。

 

粗悪品にありがちな、同じ製品でも「モノによって品質が違う」という事がなく、すべての商品が「高品質」であるという事ですね。

作られ方は分かりました。でも、実際に何が入っているのか?肌にいいのか?

これについては、次をご覧ください。

 

バルクオム(BULK HOMME)の中身は何が入っているの?

気になる成分を調べてみると、こだわり抜いた8大成分がすべてを語っていました。

BULK HOMMEには、このような成分が配合されています。
見たらびっくりしますよ。

 

1.クレイミネラルズ

クレイミネラルズ
栃木県鹿沼市の土からできた球状の成分。通常だと皮脂と同時に水分も吸着させて肌を乾燥させてしまいますが、BULK HOMMEのクレイミネラルズは表面の疎水膜の効果で皮脂を吸着させます。洗顔しても、乾燥しにくいという事。

 


2.セイヨウシロヤナギ樹皮エキス

セイヨウシロヤナギ樹皮エキス
セイヨウシロヤナギが持つサリシンというエキスは、
乾燥肌や肌荒れを改善し、キメの整った肌の形成へと導く効果が期待されます。

 


3.加水分解シルク

加水分解シルク
蚕のシルクを構成するタンパク質を加水分解することで得られる可溶性タンパク質の水(またはエタノール溶液)です。乾燥を予防し、保湿を助けます。

 

 


4.リンゴ果実培養細胞エキス

リンゴ果実培養細胞エキス
収穫してから4ヶ月たっても腐らない奇跡のリンゴ「ウトビラー・スパトラウバー」の幹細胞を培養したエキス。

肌のハリを保つ成分であるコラーゲンも元は幹細胞が生成しているため、幹細胞に元気がないとキレイな肌は作られません。

このとき幹細胞に栄養を届け再生を手助けしてくれるものが、このエキスです。
希少品種として保護認定されているスイス産のリンゴ種で、ほんの少ししか採れません。

 


5.玉造(たまつくり)温泉 美肌の湯

玉造温泉美肌の湯
全国屈指の美肌温泉として知られる玉造(たまつくり)温泉。西暦733年に編纂された「出雲風土記」には「ひとたびお湯に浸かれば肌が美しくなり、再び入浴すれば、どんな病気も治ってしまう」と記されています。日本で最初の美肌温泉と言われ、肌にハリと潤いをたっぷりと与えてくれます。

 


6.ユズ果実エキス

ユズ果実エキス
薬味などの調理用としても使用されるほか、香りを楽しんだり、ゆず湯で体をあたためたりと多岐に渡って効果を発揮するユズ。

このエキスに含まれる「有機酸」という成分は、細胞を常に新鮮な水分で満たす効果があり、きれいな肌を保つことができます。

ほかにもシミやシワを目立たなくさせたり、活性酸素を抑えるエイジングケア効果も兼ね備えたりと、まさに万能すぎる美肌の再生果実です。

 


7.ミロタムヌス

ミロタムヌス
「復活の木」と呼ばれるミロタムヌス。アフリカの砂漠に生える植物です。

水分を逃がさないミロタムヌスの強力な保湿力が肌に浸透し、肌全体に潤いを与え、ふっくらとしたハリが生まれます。

ミロタムヌスに含まれる「グリセリルグルコシド」という成分は、美白効果もあると知られています。

メラニンの生成を抑制してくれるのでシミ対策にも活躍してくれます。

 


8.チャ葉エキス

チャ葉エキス
チャ葉エキスは、茶葉から抽出して得られるエキスです。
チャ葉はカテキンの一種「エピガロカテキンガレート」を豊富に含み、これは特に抗酸化力や殺菌力が強力です。

チャ葉エキス他にも、タンニン・カフェイン・ビタミンC・アミノ酸などが豊富に含まれていて、

 

  • 消炎作用
  • 収れん作用
  • 保湿作用
  • 紫外線吸収作用

等があり、肌を引き締めたり、加齢に対するエイジングケアなどにも期待ができます。

また、デオドラント効果があるので、エチケットにも最適です。

 

ちなみにBULK HOMMEは、容器代や広告費を抑え、その分を全部材料にぶっ込んでいます。

 

だからこの金額で、これほどの材料を使えるんですね。

その上、

  • 安全性が高い
  • 品質が良い

個人的には、この段階ですでに「8,000円以上の価値はあるか?」はクリアなのですが、もっと辛口に見て行きましょう。

 

作られ方がすごいのは分かった。

でも、効果は?

 

気になりますよね。

これは、管理人が実際に商品を購入し、使って調べてみました。

 

バルクオム(BULK HOMME)は効果があるのか?

バルクオム(BULK HOMME)の洗顔料(The Face Wash)を実際に使ってみました

04バルクオム到着

スキンケアの基本は洗顔です。

まずは汚れをしっかりと落とす事が前提です。

 

試しに、油性マジックが落ちるか試してみました。

 

バルクオムと油性ペン05

 

上から、水性ペンの黒・赤、油性ペンの黒・赤です。

これが、

 

バルクオムと油性ペン07

 

BULK HOMME洗顔料をつけてくるくるやっていると、

 

バルクオムと油性ペン10

見事に落ちました!

洗浄力は、間違いないですね。

 

通常でも洗浄効果があるのが分かったBULK HOMMEの洗顔料ですが、

洗顔ネットで泡立てた時の、泡の弾力がハンパないです。

 

バルクオムの泡05

泡で洗うと、肌に刺激を与えたり傷つけたりすることなく、

毛穴の奥深くまで洗浄し、余分な汚れを吸着してくれます。

 

つまり、表面の汚れだけでなく、通常だと届きにくい汚れまでもしっかりと落としてくれるんですね。

洗いあがりも、しっとりです。

06バルクオム生石鹸05

汚れはしっかりと落としておきながら、

肌から余分な水分を奪っていません。

 

バルクオム(BULK HOMME)の化粧水(The Toner)を使ってみました。

汚れはしっかりと落ちました。

次は、保湿効果を検証します。

 

07バルクオム化粧水01

男性は、基礎化粧品の中で一番最初に使ったのは化粧水という人が多いです。

洗顔後には化粧水しかつけないという人もよくいます。

 

その為、肌に化粧水を浸透させる為に、

わざわざバリア機能(肌を守ってくれる機能)を壊して、

染み込みやすくさせる化粧水もあるのですが、

 

BULK HOMMEは「自然な感じ」に肌に浸透してきます。

 

それに、

伸びと肌触りが凄くいい。

 

肌もしっとりとうるおいました。

 

08バルクオム化粧水02

 

バルクオム(BULK HOMME)の乳液(The Lotion)を使ってみました。

08バルクオム到着

乾燥からの保護に効果的な乳液。
乳液が男性に敬遠されているのは、「ベタつくのが嫌」だからです。

さっそくつけてみました。

10バルクオム乳液02

BULK HOMMEの乳液は、
こっくりとしているのに肌に浸透していき、肌馴染みが良いです。

簡単にいうと、
「乳液なのにベタつかない」

BULK HOMMEの乳液は、単なる乾燥からの保護だけでなく、
このような要素を備えているわけです。

BULK HOMMEの使用感をまとめると、

  • 汚れをとる
  • 潤いを与える

といった基本的な要素、に加え、

  • キメを整える
  • 美肌効果
  • 脂っぽさを解消

といった効果要素の価値がありました。

使い心地や効果、また、何年先の自分の肌の事を考えると、
8000円以上の価値がありました^^

あなたも、
今の肌状態が気になる、または将来の為にスキンケアを考えているならば、
BULK HOMMEを試してみるといいですよ。おすすめです。

バルクオムのレビューはこちら

biyou-homme.com