牛乳石鹸「赤箱」

♪牛乳石鹸よい石鹸
でおなじみの、牛乳石鹸の「カウブランド」。
昔から赤箱、青箱、緑箱で広く有名な製品です。

バスタイムのお供はもちろん、勢いよく豊かな泡が立ちながら、相当程度にしっとりと洗浄ができるタイプ。そして、なによりもとてもきれいに洗浄できて、お肌がリセットされる感じがしっかりと実感できます。
そして多くの人では、何のトラブルも感じないほどに、万人受けする絶妙の品質!

でも、ふと考えてみると、よくコンビニや薬局、スーパーにあるこの赤箱や青箱一体何がチガウのでしょうか?そしてあまり店頭に並んでいない緑箱とは?

こういった点も含めて、人生にだれもが1度くらいはどこかで使ったことがある石鹸かもしれないというほどの、大ヒット超ロングセラーの超プチプライス石鹸、牛乳石鹸のカウブランド各種についてご紹介します。

スポンサーリンク

牛乳石鹸「赤箱」徹底評価!

昔うちは緑箱だったのに、どうして無くなったんだ!
と思われた方、じつは緑箱は九州限定の殺菌消毒機能もあるせっけんで、現在は廃盤になっています。他に白箱という青箱と同じせっけんも、全国で販売されていました。

まずは結論から。
赤箱と青箱では、赤箱には保湿成分が多く、青箱も保湿成分がありながらさっぱり系に仕上がっており、どちらにもミルク成分が配合されています。

このミルク成分がとても贅沢で、イングリッシュティータイムでの高級品のクロテッドクリームのような原料。牛乳を絞った時に上に浮いてくるミルク脂肪を使っています。
もちろんバターやクリスマスケーキの純生クリームと同じ原料から生まれます。

あのクリーミーな泡立ちと、独特のミルクで癒される香りは、牛乳の中でもとくに贅沢な部分からつくられているんですね。

青箱はこのミルク成分が少な目で、赤箱はタップリ。なので赤箱の方がしっとりします。

でもこれ、薬局やスーパーでは書かれていないので、選ぶときに単純比較して良いものなのか困ってしまうんですよね。
本日こちらを読まれた方は、これから石鹸選びの時に自信を持ってこのうんちくが語れます!

他にも小ネタとして、青箱の方は発売以来パッケージの正面のデザインが全く変更されていません(とはいえ一部活字などには多少のスタイル差が)が、赤箱は正面部分のスタイルがちょっと変わって、全体的に上品な印象になりました。もともとは青箱とほぼ変わらない色違いのようなデザインでした。

この他にも赤箱だけに入っている保湿成分として、スクワランがあります。そのため更にしっとり仕上。トータルな原材料配合量で、青箱よりも保湿成分が上回っています。

そして香りもローズ調。
使っているだけでなにか甘い贅沢な感じがするのは、この香りのせいもあるかもしれません。

泡立てた時のひとつひとつのあわも、七色に輝いて、美しい製品です。

多くの有名メーカーのせっけんは、原料油とアルカリ液を足して、塊になった鹸化部分を取り出したあとに、その塊と保湿成分各種や香料などを練り合わせて型に入れて成形されることで作られています。
この方法では潤い分のほとんどが、塊を取り出した時に、オイルのような液体で失われてしまいます。また、最近は生産自体を国外に移転しているメーカーも増えてきました。

牛乳石鹸のカウブランドというこの赤箱と青箱では、その日の温度や湿度、オイルの品質のばらつきなどを全部反映させてしまいとても繊細なためにつくりにくく、職人さん泣かせの方法でもある「釜焚法」で石鹸がつくられています。
それをあえて原料も高価な、日本国内の工場で作っています。

食用のオイルでもある天然油脂を原料にして、加熱、かくはん、静置と一週間もかけて作られる石鹸。

他のせっけんと同じだと思って使っていたかたでも、硬い普通のせっけんと並べてみたら、じつはカウブランドだけとても柔らかと意外なことに驚かされる方もあります。

この柔らかさは直接肌あたりの良さや、豊かな泡立ちにもつながっていますが、釜焚法では潤いが石鹸内に豊富にのこります。

長年国産せっけんではNO1の愛用数の位置にありますが、そうした違いも何の気なしに肌が覚えているのかもしれません。

顔だけでなくボディもふくめてガンガン使えてコンビニでも買える上、価格も含めて魅力的です。

牛乳石鹸「赤箱」使用者の口コミ

良い口コミ

いいね!

昔懐かしい優しい香り。泡立ちも良く、泡切れも良く、洗った後につっぱりませんね。ボディソープを使っていた時は頻繁に背中にニキビできてましたがこれ使い始めてからはあまりできていません。これからも使い続けます。安いし!

いいね!

ニキビが沢山出来たので使い始めました。ネットで泡立てるとモコモコの泡が出来ます。香りも優しい匂いで好きです。癒されます。ニキビも小さくなって、減り始めました。コスパもいいし嬉しい限りです。

いいね!

皮膚トラブルがおきた時も普段も全身これで洗っています洗い上がりは夏場はさっぱりけどしっとり冬の乾燥する寒い時期は洗って濡れたままの肌にスクワランオイルかビオオイルを塗りますこれだけでもしっとりつるつるのお肌になるので下手なものを使うより断然美肌に効果ありますあと洗顔後はなんとなく他の洗顔フォームに比べてくすみが取れた感じ。

いいね!

5年以上青い方を使ってたんですけど、私は乾燥肌でアトピー持ちでもあるのでこっちの赤いのを試しに買ってみました。こっちの方が合ってるかもしれないです(*゚▽゚*)すごくしっとり!…。

いいね!

カウブランドの青箱での洗顔がとても良かったので、試しに赤箱も購入。青箱と違い、うるおい成分が配合されているため、洗顔後は青箱よりもつるっと優しい感じです。

いいね!

乾燥肌で、ボディーソープより石鹸の方が肌に優しい気がするので購入しました!普段はニベアのボディーソープを使用してますが、私はこちらの方が保湿されます!

いいね!

以前も使っていたのですがその時はなんとなくお蔵入りにまだ余っていたので久しぶりに使ったところ良さを再確認しましたまず、スクワランオイル配合なので洗い上がりにオイルの膜ができます。

いいね!

皮膚科の薬を塗っても背中に化膿ニキビが出来てしまう肌の私。敏感肌なのでしっとりの赤の方を購入、薬はぬらずに3日たちますが今まで薬を塗ってもダメだった背中ニキビがひきました!

悪い口コミ

よくないね!

2半年ほど使い続けるうちに肌の一部がガサガサ、固くなる、まだらな赤みが出るなどの症状が出てきてしまい、使用中止しました。

よくないね!

時間が経つにつれてヒリヒリして痒くなってしまいました。EDTA-4Naという成分が多少刺激があるとの事なのでそれが原因かと…。

最近石鹸洗顔がブームですが、そんな中でもこの赤箱は顔が明るくなった、くすみがとれた、顔が白くなったなどという口コミが多くみられます、。

これは潤いを奪いすぎないことによる、肌サイクルの正常化などをふくめた副次的な効果で、これまでかたくなってかわいていた皮膚が潤って、キメが整ったような、そして白く明るくなったように見えているということかもしれません。

私自身も使用してみて同じ感想をもちました。
また泡がとても細かく、青箱にくらべてももちもちとした泡に仕上げやすいです。

洗顔用として初めて購入するのなら、お値段も安く、もし顔にNGでもボディ用など幅広く使える赤箱はおススメできるでしょう、。

また肌トラブルが酷い人では、体調変化によって、比較的安心の潤いも多い石鹸としてしられる本製品でも使用が難しい人も。
いくら安心のせっけんだと言っても、トラブルがみられたら、皮膚科などで専門家に相談しましょう。

保湿効果の高さについての言及は、とても多くみられました。
顔に使っても乾燥しない点は、人気が高いようです。
穏やかな石鹸のうちに入るため、アトピー性皮膚炎や乾燥、肌トラブルなどの状況にあわせて、クリニックなどでこちらのせっけんを勧められる先生もあるといいます。

まとめ

ローズの香りが苦手という男性もありますが、でもこの泡立ちと保湿感は他のせっけんで、かつ同価格帯では得難いものがあります。

洗っただけで実感できるほどの潤いと汚れ落ちを両立させている貴重な石鹸。

化粧水などお肌のお手入れはしないと決めている男性でも、潤いが残りやすい点も便利です。

買いやすさも含めて、とくに男性の洗顔用にはおススメしたい石鹸です。

スポンサーリンク