牛乳石鹸

牛乳石鹸「キューピーベビー石鹸」を使ってみた!効果と口コミまとめ

牛乳石鹸「キューピーベビー石鹸」

昭和から平成初期、ベビーソープと言えば、全国どこでもほぼこの製品だけが薬局やデパートの売り場を占めているというほど一般的だったキューピーベビーソープ(キューピー ベビー石鹸)。

キューピーとはいいますがマヨネーズとは違い、赤箱青箱と限定緑箱でおなじみの、♪牛乳石鹸よい石鹸~の牛乳石鹸共進社から発売されている息の長い製品。

「あなたの初めての沐浴は、この石鹸を薄めて作った洗い液だったのよ」なんて母子を超えて、伝えられたりすることも多い、国産安心品質の製品です。

皮膚関係のクリニックでも「肌トラブルが酷すぎて、化粧品も洗顔フォームも浴用石鹸すら厳しいなら、まずはこの石鹸は?」といったオススメをされることも多い製品です。

赤ちゃんの肌に対しても優しい洗い上がりですが、もちろんオトナFACEにも、また男女を問わずあらゆる肌に優しい石鹸。

体表面積の割によく汗をかき、皮膚の負担がストレスとして感じやすい赤ちゃんの肌を、少ない刺激とごく少ない洗浄回数で、落とし過ぎずに適度にキレイに整えてくれます。

固形物より液体の方が良いという場合は、「ぬくもり泡シャンプー」が人気ですね。髪にも身体にも使えて、大人にも人気な商品です。

牛乳石鹸「キューピーベビー石鹸」徹底評価!

1961年に開発発売された、赤ちゃんに特化した専用石鹸。

ちょうど当時は数多くの環境問題による、各地の異常出生や健康被害が多く報道されていた時代。生まれてくる赤ちゃんのためにあらゆる角度からこだわった製法と配合が、いつの時代も貫かれています。

1個90グラムと通常の浴用石鹸並みのサイズで、200円以下ととてもリーズナブルながら、原材料全部をオイルから1つの釜に入れて炊き上げた釜焚製法を採用しています。こんなにリーズナブルなのに、オイルの持つうるおい成分が石鹸内にしっかりと閉じ込められている製品。釜焚では、グリセリンと鹸化した層が出来上がりますが、これが混ぜ合わされて絶妙の比率と硬さで石鹸の中に。
だから油脂の材料由来の潤いがそのまま生きています。

そしてその中に、さらにスクワランとシアバターの動物&植物由来の素材で皮膚を保護しながら潤いを閉じ込める成分を配合。アレルギーテスト済なので、多くの方には安心して使えるところも人気です。

刺激が少なく色合いは素材そのままを活かしたスタイル。そして香りもほのかで、赤ちゃんの五感を柔らかく刺激してくれそうな穏やかさ。

この石鹸のニオイ=赤ちゃんのニオイとして認識されているほど、世の中に浸透している製品でもあります。また、この石鹸の香りは初めてのコロンの香りとしてもひろく好評で、同じような芳香デザインのオーデコロンやパルファム、そして乳液やハンドクリームなどが、各メーカーから多数つくられています。

少女から大人まで、誰もが大好きな清潔感のある香りです。

赤ちゃんや、香料が苦手な敏感肌のオトナでは、この香りが消えるまで丹念にすすげばOKといった目安としても使える絶妙の機能デザインも、無駄がなくて素晴らしい製品です。

調味料やマヨネーズのキユーピーとは違うのですが、この石鹸自体も発売から半世紀を経て、さまざまな限定ケースやタイプ違いの石鹸などが生まれては消えていきました。
そういったキューピーマニアには、この石鹸の歴代専用プラスチックケースなども、コレクターズアイテムとして人気です。専用ケース入りも300円もあれば十分おつりがくるリーズナブルさ。
合宿や旅行用のマイ石鹸としても使える安定安心品質です。

牛乳石鹸「キューピーベビー石鹸」の効果

「どんなトラブル肌でも、まずこの石鹸ならツカエルでしょ!?」として紹介されることも多いのが、キューピーベビー石鹸。

もちろん穏やかな洗い心地で、たとえば肌全体の剃毛を終えた後に、ちょっとのこった角質の洗い残し部分などを追加で洗うときにも、刺激を感じにくいほどの製法です。

洗った直後には、多少つっぱる感じを覚える方もありますが、まずはしっかりとすすぐこと。そして重度の肌トラブル中などの肌質によっては、石鹸水をつくってそれで手のひらで優しくこすり洗いするだけでも、不要な角質や皮脂汚れを穏やかに落としてくれます。すすぎをしっかり行えば、無駄なく皮脂汚れを落とし過ぎない快適な洗い心地。

とくに秋冬や風の強いクーラー全開シーズンなどに、酷い乾きや関節などの肌表面からの皮のめくれ上がりなどが良く発生しがちな方には、この洗浄方法はかなり効果があります。

多くの人にとってはしっとりとした洗い上がり。配合された保湿成分が、肌表面を保護してくれるため、肌の持つうるおいがそのままとどまりやすい製品設計。

そして特筆すべきポイントが、このうるおい成分にかまだき製法であれば、石鹸は柔らかくてすぐなくなりそう・・・と思いがちですが、洗浄力の割にかなり長持ちします。わたくしなどは人生で幾度購入し、お世話になったか数えきれませんが、1人使用で毎日シャワーを長時間浴びるタイプながら、全身をくまなく洗い続けて一ヵ月半も長持ちするほどです。よくある浴用石鹸の3個入りタイプより長持ち。コストパフォーマンスも高い製品です。

牛乳石鹸「キューピーベビー石鹸」使用者の口コミ

良い口コミ

洗顔石鹸として使ってます。かなりの敏感肌で普通の洗顔クリームでは刺激があったりするのですが、こちらは刺激もなく使えてます。匂いも優しくていい香りです。
肌が弱い息子用に買ってみました。香りがすごく良いです。ベビーせっけんといえばこれ!という懐かしい香り。お布団に入ってからもふんわり香ってすごく癒されました。
ミニサイズ使用です。前々から気にはなってたんですが、大人になってから使うのは初めて。どんなかな?と思ってたら、なんだか懐かしい赤ちゃんっぽい香りがする!
泡立ちも香りも良いと思います。乾燥しがちなひじやひざも、かぶれることなく使えました。
泡立てネットでもこもこ泡立てていくと気持ちいい。大きな泡出てきて洗顔に使用してます。意外に洗浄力高くていい感じにさっぱり。
洗顔に使用しています。洗いあがりは肌がキュッキュッとなるくらいさっぱりします。でもつっぱり過ぎず程よいです。
1歳未満の息子に使用しています。香料が入っているのが気になっていましたが、何とも懐かしいような匂いで、つい息子をクンクン匂いたくなります。
泡立つのが早く、逆に泡切れも良い。地味に使いやすい石鹸です。
さっぱり洗顔したい時にいいですよ。ネーミングとは裏腹に洗浄力高いです。赤ちゃんの肌はもともと水分が多いからこれくらいの洗顔でも問題ナシ?ということみたいですね。

悪い口コミ

使った後のごわつきがダメでした。ベビーせっけんというわりにはけっこうきつめの使用感です。
皮脂まで流されちゃうので洗顔後はあわてて保湿するハメに。。スッキリするのはいいんだけどもう少し洗浄力が控えめだと良かったです。
乾燥しやすいタイプなのでこれからの時期には使いづらい。べたつきの気になる夏にはちょうどいいような気がします。
すごく目にしみるようで、顔周りに泡がつくだけで泣くようになってしまいました。私自身も洗顔してみましたが、確かにすごく染みました。ホームページによると、目に入ったことに気づくようわざと少し目にしみる処方にしてあるとのことでしたが、もう少ししみない方が助かります。

クリニックでも肌トラブルの酷い時の石鹸としてオススメしてくれるドクターがあるほどの有名石鹸。どちらの販売サイトや口コミサイトでも、大量のレビューが見られます。

人によって、とくにアトピータイプの方などでは、さっぱりぴちぴちに洗い上げてくれるこの洗浄力が、ちょっと強すぎ・・・と感じられる方も多いようですが、多くの方にとっては、保湿力に優れて突っぱらないという評判。
オトナが赤ちゃんや小さなお子さんを洗うときの製品としてせっけいされているので、目や粘膜には染みやすく、お風呂でのヒヤリハット対策まで視野に入れて作られているとは・・・さすがの抜かりないロングセラー品質です。

まとめ:男性でも使えるか

保湿に優れるとした肌タイプの方も、また汚れが落ちすぎるとした肌タイプの方も共通なのが、かなりの洗浄力と、油分がかなり失われるといった指摘。
油分はなくなりつつも潤いは残って、洗浄後の皮膚には新たな自分の皮脂による保護膜のようなものができるといったタイプです。

これはとくに油分豊富な男の顔には、待ってましたというタイプの石鹸。

もちろん男性にオススメの品質です。