美容コラム

男の二重整形!男性にも注目される二重手術とメンズエステの効果

整形手術

男性にも注目されているのが、美容外科などで治療のできる二重手術です。

目元の印象ははっきりとしている方が、見た目の印象はとても良くなります。

今の時代はなんといっても、見た目の良さが評価をされますので、男性も最も目立つ顔のパーツは、昔よりも今の方が気にしないとならないですし、良い顔の作りの方が何かとメリットがあります。

二重整形とメンズエステ

目元の印象が変わると、その人のイメージは一気に良くなります。
見た目の良さは異性にももてるようになりますし、ビジネスシーンでも今までと同じ能力でも、見た目が良くなっただけで、評価が上がるくらいに違いが出てきます。

特に目元の魅力は大きく影響をするために、良い状態にできるならチャレンジをしない手はないでしょう。

メンズエステで手術は出来ない

メンズエステでは基本的に、男性の肌をキレイにする場所なので、目元を二重にする医療治療は行っていません。
ですがメンズエステで、衰えてきた目元の肌を、エステティシャンの手技で肌をイキイキさせる手助けはできます。

目元の肌は薄いですから、プロのエステティシャンによる、本格派の保湿ケアとマッサージで、目元の皮膚の弾力をパワーアップさせるには良い利用ができます。

メンズエステのリフトアップ効果

メンズエステではリフトアップのマッサージもできるので、フェイシャルエステの後には、顔全体が引き上がったような印象になります。

メンズエステでのフェイシャルエステは、リンパの流れも良くして、引き締めなどにもなりますので、施術前よりも終わったあとには、目はパッチリとする印象になります。

エステティシャンのマッサージと、エステ機器により、メンズエステでは、お肌をピカピカに磨き上げることができるのです。

美容外科で行う二重整形

肌をピカピカにしたら、目元もはっきりさせるために、美容外科での二重の埋没法を受けることもできます。
美容外科治療でできる二重の埋没法でしたら、短時間の施術で、医療用の糸と針を用いて、二重をつくる施術を行うことができます。

医療用の糸は毛髪よりも細いものであり、まぶたの内側からバランスを見て、内側から止めるという、とても簡単なプチ整形術でもあります。
ですから今までのメスを使う方法と比べてみても、埋没法は手軽さのある美容整形です。

プチ整形という選択

埋没法はエステでは受けることができませんが、美容外科だったら、手軽にプチ整形をすることができます。
埋没法はほんの15分程の施術という短い時間でのプチ整形であり、治療をしたあとのダウンタイムがとても短いです。

美容外科での施術ですから、何かあっても不安でも、すぐに医療での対応ができますし、医師も看護師もいるので安心感があります。
もしも治療をしたあとに、修正をしたいと希望をしても、抜歯ができるので、修正をすることもできます。

二重整形の埋没法は腫れにくい

目元の皮膚を切るような切開法ではないために、治療をしても目元がすごくはれるようなことはありません。
なんといっても糸でできる治療法であるために、埋没法だったらプチ整形をしてから、すぐに結果を実感することができます。

今まで寂しげな一重まぶただったとしても、信頼できる美容外科で二重の埋没法のプチ整形を受けることによって、目元ははっきりとして、魅力あふれる顔の印象にチェンジをすることができます。

埋没法とは

美容外科でできる埋没法は、まぶたに極細の医療用糸を、美容医療を熟知している医師が、バランスを見ながら埋め込む方法の、切らないでできる二重術です。
皮膚を切ったりはしないですから腫れ上がるような心配はないですし、まるでアイプチのような感覚で美容整形を行うことができます。

ただ全く腫れがないとは言い切れないので、人によっては術後に、多少の腫れを感じることはあります。

切開法との違い

これは切開法と比べますと、雲泥の差とも言えるほどの大きな差があります。
それは人間の皮膚に切開法では皮膚を入れることになりますので、組織にはその分だけ、水分がその分だけ一時的にたまりやすくなります。

水分量の増加によって、まぶたの腫れる症状は発症をするのです。

切開法などの大きなダメージでまぶたに水分が溜まりますので、見た目にはかなり腫れたま元になります。

腫れる原因は切開による炎症

その理由にはいくつかがあって、最も大きな理由は、目元切開による炎症が起きているためです。
手術をしたことによって、その皮膚組織が腫れることになるので、これはよく知られることでもあります。

まぶたがとても晴れてしまうのは、メスなどの手術での出血によって、それが引き金で水分がまぶたにたまるのが理由です。
ほかにも腫れてしまう理由としては、皮膚組織を糸などで縛るようなことにより、目元の血液循環が悪くなるので、これによりまぶたも腫れやすくなります。

その目元の腫れは一時的なものでありますので、はやく腫れをひかせるためにも、病院から処方をされたお薬は必ず飲んで、自宅ではやさしく冷やすようにしましょう。
しばらくの辛抱ですので、埋没法の施術を受けたあとも油断はしないで、腫れが引くまではアルコールも控えましょう。