グリーンスムージーダイエット

スムージーとは改めて説明いたしますと
「凍らせた野菜や果物をつかったシャーベット状の飲み物」のことです。

野菜や果物をミキサーにいれてかき混ぜて作ります。
一緒に入れるものの例は、牛乳・アイスクリーム・ヨーグルト・はちみつなどがあります。

スムージーは手軽に野菜や果物の栄養を摂取できるということで話題となっていますね。
ミキサーに放り込んで混ぜるだけですので切ったり焼いたりと調理いらずです。

[AdSense_top]

グリーンスムージーの魅力

グリーンスムージーの最大の魅力はコップ一杯飲むだけで良い。ということです。
手軽で続けやすく栄養もたくさんとれるのでメリットがいっぱいです。

果実には水に溶けやすい食物繊維が、そして葉野菜には水に溶けにくい食物繊維が含まれています。
これらを同時に口にする事によって腸内で消化できていない残り物を取り込みながら排泄を促進してくれます。
腸が整い食べ物の栄養素を効率的に吸収します。
そのほかにも

  • ダイエット効果
  • ニキビが出にくくなる

という外見にもいいことづくしなのです。

簡単に作れるグリーンスムージー

ミキサーでグリーンスムージーを作る

グリーンスムージー初心者の方は簡単な食材からやっていくのをオススメします。
野菜を入れると苦味が出たり果物とのバランスが意外と難しいのです。

苦味が出た場合には「りんご」や「はちみつ」を加えると飲みやすくなります。
ない場合、りんごジュースやオレンジジュースも代用できてとても飲みやすくなりますよ。

野菜抜きのフルーツスムージーもおいしくて人気があります。
桃缶やバナナ、オレンジとなどにヨーグルトや、意外なものとしてはチョコレートをいれるのもありです。

グリーンスムージーでダイエット

グリーンスムージーダイエットでくびれを作る

グリーンスムージーでのダイエットは健康にとてもいいと言う事で芸能人やモデルさんも多くの方が取り入れています。

スムージーの中身も重要ですがより効果を発揮するために必要な事はスムージーを飲むタイミングです。
できるだけ食前の30分枚までにはスムージーを飲む事がベストです。

食物繊維が豊富なスムージーは飲んでから30分程度で満腹感を感じる事ができます。
そうすることでその後の食事が食べすぎずに済むだけではなく食事による血糖値の上昇を防ぎます。

血糖値の急上昇は脂肪を身体に蓄えてしまう原因となるので食前にスムージーを飲んでダイエットをするのはとても効率がいいことなのです。

スムージーダイエットに効果的な食材

グリーンスムージーダイエットの食材

そして、スムージーダイエットによいとされている食材は

  • トマト(トマトに含まれるリコピンには抗酸化作用たっぷり。血液をサラサラにし代謝を上げる効果がある)
  • ほうれん草(ビタミン、鉄分豊富。栄養バランスがよくさらに貧血予防にもなる)
  • アボガド(ビタミン、ミネラルが豊富。脂肪燃焼には良い油をとる事が必要となります。)
  • バナナ(トリプトファンを含み、豊富な食物繊維とオリゴ糖が便秘改善になります。甘味が強く他の食材をまとめて飲みやすくしてくれます)
  • 豆腐(植物性タンパク質豊富で腹もちがいい。タンパク質はお肌や筋肉のもとになります。味もまろやかに。)

です。

まとめ

スムージーは毎日コツコツと続けていく事によって身体の変化を実感できます。
たったの1日では効果を得られません。

無理なダイエットや食事制限よりミキサーに入れるだけでバランスの良い食事をとるための手助けをしてくれます。
朝食や昼食の置き換えダイエットもできますよね。

普通にダイエットをすると肌荒れをしたり身体のトラブルがありますがスムージーは栄養分の質がいいのでそのようなトラブルは起きにくいです。
無数にある食材の中からご自身の好みの目的や効果に合わせて試してみてはいかがでしょうか。

[AdSense_footer]