資生堂「HAKUメラノフォーカス3D」

こんな人におすすめ:
「売り上げNo.1の美白美容液」、HAKU。資生堂開発の有効成分であるシミ対策予防の「4MSK」、「m-トラネキサム酸」を1つでまかなうことができます。

外にでかける人でシミソバカス対策をしたい人はもちろん、スポット使いをすることでできたシミも薄くなるクチコミを見かけます。

普段使う化粧品に追加して使うことができます。

[AdSense_top]

資生堂「HAKUメラノフォーカス3D」徹底評価

資生堂HAKUの歴史はとても古いです。調べてみたところ、現行商品の「メラノフォーカス3D」は2016年からの発売です。ですが、その前から数えるとHAKUの歴史は10年間。

@コスメで調べてみたところ「メラノフォーカスCR」は2013年から、「メラノフォーカスW」は2011年から、「メラノフォーカスEX」は2009年から、「メラノフォーカス2」は2007年からの発売。一番古い「メラノフォーカス2」が発売されたのは、およそ10年前になりますから、その頃からシミ対策製品として資生堂から発売されて、多くの人に愛されてきたことがわかります。

価格は30gで7560円、45gで10800円。この額だと、ちょっとした自己投資の額になりますが、@コスメでも評価は上々。5.3の評価で、2016年上半期新作ベストコスメ、ベスト美容液・ブースターの第2位にも輝いていました。シミ予防としてはもちろん、うっすらシミができた人にも部分使いをすると薄くなったというクチコミもあるほどです。

練乳のような質感

資生堂「HAKUメラノフォーカス3D」の質感

質感は、なんとなく練乳のようなこっくりとしたクリーム。想像してもらうとわかりやすいと思うのですが、練乳のような質感なので液だれしにくく、顔全体にも点で乗せることができて使いやすいです。使い方は、朝と夜の2回。化粧水の後に使うタイプで、使っている化粧品にプラスして使うこともできます。

使用量は1回あたり2プッシュ。顔全体になじませます。練乳と書きましたが、かためのクリームで、肌になじませるにつれて溶けるような感覚。浸透も遅いと感じることはなく、らせんを描くようにしてつけると1分ほどでなじみます。

応用編としては、指先に少しだけとって、中指・薬指で小さく円を描くようにくるくるとなじませていく方法もあり、部分シミが薄くなったという人はこの方法でスポット使いをしている人が多かったです。無香料なので男性にも使ってもらいやすいです。

資生堂「HAKUメラノフォーカス3D」の効果

資生堂「HAKUメラノフォーカス3D」の効果

「HAKUメラノフォーカス3D」で特筆すべきは、医薬部外品であるということ。薬事法では「医薬品」、「医薬部外品」、「化粧品」の3種類に分けられるのですが、化粧品よりも効果がはっきりと表れやすいものが「医薬部外品」です。HAKUの場合は、4MSKとm-トラネキサム酸が配合されていて、これらが美白有効成分として認められています。

4MSKは「メラニン色素の過剰生成を抑え」、m-トラネキサム酸は「メラノサイトの活性化を抑える」効果があります。どちらもシミを予防して美白をするはたらきがある成分ではあるのですが、1つではなく2つの美白有効成分が配合されていることによって、それぞれ肌に浸透し、効果をえられやすくなります。そのため、どちらか1つを与えるよりも「より」美白効果を期待できます。

資生堂「HAKUメラノフォーカス3D」使用者の口コミ

資生堂「HAKUメラノフォーカス3D」を塗ったところ

HAKUの美容液は、昔からずっと使っています。シミソバカスに悩んでいる現在も愛用中です。実は、産後に蓄積シミが肌表面に出てきてしまっているので、クチコミにあるようにシミソバカスに効果を得られたとは実感はしていないものの、しないよりかはと予防美容として続けています。

続けられている理由としては、使用感の良さがあげられます。とにかく使いやすく、液だれしないのに、なじませるとするすると肌に浸透していきます。美容液には、肌につける前にてのひらからこぼれてしまうこともあるので、HAKUの質感は好みです。

シミソバカスについては、これを使ったからシミソバカスが格段に減ったと比較対象ができないのがネックではありますが、使った後は肌のキメも整っていることがわかります。なので、普通の美容液としてもなかなか品質がいいのではないかと思っています。

ただ、値段がちょっと高いので私としては自己投資。45gは10800円で、レフィルは同じく45gで10476円。もうちょっと安く売ってくれるといいのですが、こればっかりは仕方ないでしょうか。

ちなみに30gだと7560円です。そして、インターネット通販では、資生堂オンラインショップのワタシプラスだけでなく、近頃はロハコでも購入ができるようになりました。

ロハコだとポイントサイト経由で購入するkとおでポイントがついたり、ロハコ内でのポイントはTポイントがついたりするので便利です。Tポイントがあれば、ポイント割引も可能でロハコ内の他店舗とのアイテムと合わせて購入しています。

まとめ、男性にも使える?

男性で、シミソバカスが気になる人は多いです。外勤で毎日日差しを浴びている人は、将来的にシミソバカスができてしまうと不安に思っている人も多いはずです。そんな人に使ってもらえます。

美容液だけでなく化粧水や乳液、シートマスクも販売されていて、トライアルセットも季節によって販売されるので、そちらも注目してみるといいかもしれません。

ワタシプラス、ロハコのような公式オンライン通販もあるので、忙しい人もそちらを利用すれば自宅配送してもらえます。

[AdSense_footer]