『ジーノ アミノ モイスト ローション』
JINO Amino Moist Lotion

日本における科学的、工業的な大発明で世界でも有名なもののうちの1つがうま味調味料「味の素」。
発酵法によるアミノ酸製造技術なども同社の主力商品で、医薬分野や栄養補助として長年にわたり使用されてきています。

そんな味の素が販売する、100余年、研究を重ねた得意分野のアミノ酸をベースにした化粧品ブランドがJINO(ジーノ)です。

アミノ酸は化粧水が浸透しづらい、とどまりにくい人の皮膚にも速やかな浸透を助けるために各社の製品に配合されています。
これまでの化粧水で、肌なじみに悩みを抱えていた方に、特にオススメしたいアイテムです。

スポンサーリンク

JINOアミノ モイスト ローション徹底評価!

「知ってる!味の素っていうと、水で溶いたらちょっとどろっとしてにおうんだよね」・・・いいえ、JINOはアミノ酸ベース。
豊富なアミノ酸と、アミノ酸誘導体を配合しており、ニオイやとろみはほとんどないタイプです。しっとりタイプとさっぱりタイプの2ラインが用意されています。

手にとっても透明で、水のようにさらっとした液体。しっとりタイプにふれてみても、どこまでもサラサラです。

しっとりする製品は通常べたつきがどこか残ることが多いのですが、JINOのモイストローションでは、べたつきがほぼ全く残らず、皮膚の奥にさらっと浸透してくれます。
このスピーディーさが、アミノ酸ベース製品の強みです。

乾燥や脂汗でかなり疲れている肌にも、するすると肌の上で蒸発したかのようにすぐに浸透していくほど。そして肌の上にはべたつきだけでなくぎらつきなども残しません。女性の場合、朝のメイクで、基礎化粧品の後に、ティッシュオフや、ファンデーションベースでのツヤ感コントロールをしている方々には、この部分だけでもずいぶん時短になりそうです。

速く染み込む割に奥までしっとり潤い、そしてほどよく皮膚の奥の組織をふっくらとさせてくれます。

夏などの暑い季節、皮膚への浸透に優れた製品を使うと、肌のハリが高くとてもふっくらと仕上がる反面、大量の水汗をかいたりして、いつものファンデーションが崩れて台無しにといった製品も世の中にはありますが、JINOはバランスが実にほどほど。

そして嬉しいのは、化粧水の重ね着けをすることで、潤い感をコントロールできることです。
必要な場所に必要なだけ重ね着けでき、重ねた効果が実感できやすい製品です。

実際に顔全体に広げた後、ハンドプレス。そして足りない目元や口元などに足すと、しわまでカバーできるほどふっくらと仕上がります。
体温でじっくりと重ね着けしていくと、エステ帰りのようなもちもちとした、手に吸い付くような肌に仕上がります。パックやエステ機材で仕上げるよりも、ぐっと短時間。

使い始めたら、サロンや他の化粧品にお金や時間をかけているのが、無駄に感じるほどの効果が実感できるかもしれません。

香りはほぼ無く、よくよく鼻を近づけたら、かすかにフローラルな香りがする程度です。
アルコールフリーで、毛穴や肌の赤みなどの原因となる刺激も少ないタイプ。だから、とくに皮膚の薄い、目や口の周りぎりぎりまで使用できる点も便利です。

通信販売でのみ購入可能ですが、1本から送料無料など、他社の通販にはないサービスも好評です。

JINOアミノ モイスト ローションの効果

洗顔後すぐにつけただけで、肌にベールをつくっているのかわからないほどの軽やかな仕上がりに驚かされます。
もともと皮膚の一番上側、角層の隅々にまで潤いを届けながら、その潤いをしっかりと保ち続けるタイプの化粧水。

お値段はとても安いタイプなのに、しっとり感が長時間持続してくれ、長い時間小じわが目立たなくなります。
個人的には小じわどころか、ほうれい線や手首のくっきりとしたしわなどもふっくらと持ち上がって薄く見えるほどの効果で「どうしてこれまで、この製品を知らなかったのだろう」と思うほどでした。

使い続けることで、肌の水分保持量が徐々に改善しているのも実感できます。ごく短期間数日連続といった程度で、化粧水をつけた位置をしっかりと洗い流しても、肌のキメが揃ったまま。美しい三角形が沢山整列した肌になります、これだけを持続して使い続けることで、長期的にはより大きな、保水力からくるしわや皮膚たるみといった印象が良い方向に変わることが有るかもしれません。

重ね着け可能な製品ですが、パックとしても使用できます。
コットンパックのほか、シートタイプのパックなどに浸透させてのせるなど、さまざまな使用方法が可能です。

日中乾きがちな目元や口元などを中心に、夜寝る前や朝の洗顔後等に、お値段が160mL\3,780とデパートコスメに比較してかなりお安いこともあり、毎日パック利用が可能なほどです。
前述のとおり、毛穴をふさぎにくい軽い仕上がりなので、市販のパックでは吹き出物などができて使用できないといった方にも、オススメです。

またしっとりタイプさっぱりタイプともにさらさら仕上なので、脂性乾燥肌や混合肌、ニキビなどのトラブル肌の方も、仕上がりの好みに合わせて使い分けられる点も、優秀なアイテムです。

JINOアミノ モイスト ローション使用者の口コミ

メーカーサイトの他やコスメ系口コミサイトなどに、口コミが多数みられます。

2014年夏に製品がリニューアルされ、それまで保湿力は高くてもすこしべたついていたテクスチャが、さらさらとしたタイプに生まれ変わっています。
これまでのタイプでも他社製品に比べてべたつきが少なかったのですが、リニューアル後はさらにさらさら。

使用者の声の多くは、保湿も仕上がりも、過度ではなくほどほどのバランスで、使いやすいといったものが圧倒的です。
また化粧品原料としては肌なじみを良くするアミノ酸が高配合である点も、とくに好評となっています。

中には少数、体質によるものか肌に載せた時に刺激を感じるといった声もありますが、圧倒的多数では、他の製品に比較して刺激がほとんどなく肌に優しいので、子供世代やおばあちゃん世代にも勧めたいといった声が多く見られました。

べたつきが無く潤いもほどほどなので、乾燥肌から脂性肌まですべての肌タイプにおいて、かつ春夏秋冬どの季節もこれ1本でカバーできて便利といった声が見られます。
季節や肌質による使い分けをしなくても、快適な肌表面が保てるあたりは誰にでも幅広くつかえる点について、使用者の声からもわかりやすく伝えてくれています。

出産、病気、敏感肌などで体調が変化しても引き続き使えるといった声も多く見られました。

まとめ

ボトルは薄いピンク色ですがシンプルなデザイン。
中身はサラサラの液体でほぼ無臭といったこともあり、男性にぜひお勧めしたい製品です。

男性は女性よりも、ホルモンバランスなどの関係で脂性や毛穴開きなりがちです。また日々の髭剃りなどで肌を傷め続けることもあり、毛穴や皮膚トラブルは深刻な問題。
肌表面にべたつきをつくらずふっくらとした潤い面をつくることで、毛穴や肌そのものを美しく見せてくれるタイプの製品。

だからこそ男性にも、自信を持っておススメできます。

スポンサーリンク