小林製薬「薬用ケシミン浸透化粧水」

気軽にシミ予防をしたいのならドラッグストアで購入できる商品がおすすめです。

ケシミン浸透化粧水は、たっぷり使うことができる化粧水。160mlで600円ほどの安価な化粧水なのに、医薬部外品で厚生労働省認可成分が入っています。

スポンサーリンク

小林製薬「薬用ケシミン浸透化粧水」徹底評価

小林製薬「薬用ケシミン浸透化粧水」の蓋をあけた画像

「ケシミン」はケシミンクリームが有名な小林製薬株式会社の製品。

「ケシミンクリーム」は、シミ対策として使えるクリームですが、肌の黒ずみ対策などでアレンジして使っている人もいると聞きます。

ケシミンクリーム以外に、「ケシミン浸透化粧水」や「ケシミン密封乳液」、「ケシミン美容液」、「ケシミンクリームEX」を販売しています。

また、ピンクのボトルのケシミンシリーズのほか、黒いボトルの男性用のメンズケシミンシリーズも販売しています。

ケシミン浸透化粧水は2種類

小林製薬「薬用ケシミン浸透化粧水」は水のようなテクスチャー

「ケシミン浸透化粧水」は2種類があります。「しっとり・もちもち肌」か「さっぱり・すべすべ肌」。

選んだ商品は「さっぱり・すべすべ肌」で、テクスチャーはまるで水のよう。バシャバシャ惜しみなく使うことができます。

しみ対策

しみ対策として、ケシミンの効果を十分に発揮できる推奨スキンケアステップは

ケシミン浸透化粧水 → ケシミン美容液 → ケシミン密封乳液 → ケシミンクリーム

の順。ただ、それぞれを使うこともできます。

ビタミンC誘導体が配合

ケシミン浸透化粧水にはL-アスコルビン酸、2-グルコシド、グリチルリチン酸2KといったビタミンC誘導体が配合されていて、化粧品ではなく医薬部外品の扱い。

厚生労働省が認可した成分が入っている医薬部外品は、ボトルに薬効・効能を記載できるようになっています。そのため、ケシミン浸透化粧水は「毎日のしみ対策に」使えるとあります。

ビタミンC誘導体以外はバージニアホワイト配合、保湿成分のヒアルロン酸が配合されています。

160ml入りののボトルを選びましたが、140ml入りの詰替えタイプもあります。詰替え用だと少し安く買うことができます。

 

小林製薬「薬用ケシミン浸透化粧水」の効果

小林製薬「薬用ケシミン浸透化粧水」の成分

「ケシミン浸透化粧水」は医薬部外品の化粧水。パッケージにも「薬用」と書いてあります。

「医薬部外品」は一般に販売されている化粧品と異なり、厚生労働省認可の美白有効成分が配合されています。

裏面を見ると、有効成分は
“L-アスコルビン酸、2-グルコシド、グリチルリチン酸2K“
と書いてありました。

また、効能は
“メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ。肌あれ。あれ性。皮ふをすこやかに保つ。肌を整える。皮ふにうるおいを与える。日やけ・雪やけ後のほてりを防ぐ。肌をひきしめる。”
とあります。

ビタミンC誘導体は、割と安価です。そのため、ドラッグストアで売っている医薬部外品はビタミンC誘導体が配合されていることが多く、ケシミン浸透化粧水も安価。たっぷり化粧水をつけて美白をしたり、肌荒れを改善したりするほか、日焼けや雪やけをした後のほてりをなおしたい時にも使うことができます。

 

小林製薬「薬用ケシミン浸透化粧水」使用者の口コミ

インターネット通販で他の商品と一緒に送料無料にして購入しました。ドラッグストア系のショップで食品などと一緒に購入ができ、価格は600円ほどでそこまで高くありません。今はインターネットの店舗によっては130mlの企画商品も売っているようでした。

ケシミンの浸透化粧水には、「しっとり・もちもち肌」、「さっぱり・すべすべ肌」の2つがあり、私は「さっぱりすべすべ肌」を選びました。トリガーノズルのスプレーに入れかえてお風呂場に置いておき、お風呂上がりにスプレーする用にたっぷりの量を使いたかったのが理由です。時短ケアとして取り入れています。

とろみのない透明な化粧水は、まさに水感覚でバシャバシャ使えます。スプレーに入れかえても詰まりがなくスムーズ。たっぷり水のように使えるのでコットンパック用としても使えます。

私は

・美白成分配合
・低価格
・たっぷり使える

この3つの化粧水を探していてクチコミ評判の高いケシミン浸透化粧水にしました。

現在のところはシミが減った実感はありませんが、シミ予防にはなっていると感じます。子供がいるため公園遊びの頻度が高く、子供と一緒に外に出かけなくてはいけない中のスキンケアとして取り入れましたが、低価格で続けられる医薬部外品の化粧水としてはなかなか。時短ケアとしてお風呂の中でスプレーして化粧水はつけず乳液のスキンケアにすることもありますが、それでも肌トラブルになっていないのは化粧水をたっぷり使っているからかもしれません。

まとめ:男性にも使える?

男性にもおすすめです。ケシミンは「メンズケシミン」のシリーズを販売しています。ケシミンの浸透化粧水同様、ボトルも詰替え用もあります。

男性用は、ケシミンクリーム、さっぱり化粧水、しっとり乳液の3種類。化粧水は選べませんが、クリームもメンズケシミンシリーズが販売されているので男性ならメンズケシミンシリーズを使うのがいいかもしれません。

メンズケシミンの化粧水も医薬部外品。ケシミン同様、ビタミンC誘導体、ヒアルロン酸が配合されています。

メンズケシミンの化粧水ボトルには「洗顔後に」「ヒゲ剃り後に」と書いてあります。男性はヒゲ剃りの後に使う化粧水としてもおすすめです。

スポンサーリンク