角質粒(首のブツブツやポツポツ、脇の下のイボなど)

ふと鏡を見た時に、気がつくイボ。

「あれ?いつの間に?」

と思いながらも放っていたら、増えていた!そんな経験はありませんか?

このようなイボやブツブツは、「角質粒(かくしつりゅう)」と呼ばれています。
首や脇の下に多く、また顔や目の周り、デコルテなどにできるイボです。

角質粒は肌の老化が原因とも言われています。また紫外線対策をしていなくても出やすくなります。
角質粒は、「ポツポツ専用のジェル」などで、比較的簡単にケアできます

気になるのは、角質粒以外のイボやポツポツ、ブツブツ。
この首やデコルテ部分にできるイボのようなポツポツには、いくつかの病名が考えられます。

スポンサーリンク

イボができる原因

気がついたらできていることの多い「イボ」。どのような原因があるのでしょうか。詳しく解説します。

 

紫外線

紫外線は肌にとって大敵です。肌が紫外線を浴びると肌がダメージを受け、メラニン色素がでてシミになります。

紫外線の影響はシミだけでなく、肌の組織を壊し、再生サイクルを狂わせます。

ダメージを受けた肌は、回復のために新しい細胞をつくりますが、保湿不足のまま細胞が送り出されてくると、どんどん肌は乾燥し、バリア機能も低下します。

皮膚のサイクル異状によるトラブルのひとつに、イボがあります。

 

摩擦

肌に摩擦などの刺激をうけると、イボができると考えられています。

脇など動作が多い場所は摩擦も多く、イボができやすくなります。

 

肌の老化

年来が増すと、肌の新陳代謝は低下します。

皮膚の入れ替えが滞ると、イボやホクロができやすくなります。

中高年になると、首周りに小さなイボができることがあります。触っても痛みやかゆみはありませんが、つまめるほどの大きさになると、ネックレスにひっかかったり、下着にこすれたりと不快に感じることもあります。

 

ウイルス

ウイルスが原因のイボ(ウイルス性疣贅)は、ウイルス(HPV:ヒトパピローマウイルス)が感染してできる皮膚や粘膜の病気です。

ウイルス性の病気なので、「うつる」可能性があります

しかし、正常な皮膚や粘膜であれば、免疫の働きや他の様々のバリアー機構でウイルスや細菌などの感染から守られているので、通常は感染しにくいです。

 

免疫力の低下

肌は、様々な感染から私達の身体を守ってくれています。

しかし、肌や粘膜に小さい傷ができていたり、免疫力が何らかの理由で低下すると、イボができ易かったり、ひどくなったり、治りにくくなることが知られています。

 

肥満

肥満になると、脇の下などに汗をかきやすくなり、摩擦が原因のイボが発生しやすくなります。

また、体内に溜まった老廃物が原因で、イボができやすくなります。

 

首や脇の下のイボ・ブツブツの種類

「イボ」とは、皮膚から盛り上がっている小さなできものを指す俗語です。

イボの多くは脂肪のカタマリですが、中には様々な皮膚病が含まれています。

 

老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)

脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)とも呼ばれます。

老化によってできるイボ状のブツブツです。
大きさも直径1ミリ程度から大豆くらいまでの成長します。

老化が進むと次から次へとできてしまうため、数が増えているように感じます。
目に見えないくらい小さなものが目に見える段階になって初めて自覚する人も多いです。

脂漏性角化症は老人性色素斑(シミ)や良性腫瘍(ホクロ)であることがほとんどです。

 

軟性線維腫(アクロコルドン)

軟性線維腫はは皮膚上にできる腫瘍のひとつで、多種多様な形があります。

摩擦や紫外線などによる皮膚老化が主な原因で、30代ころから発症しはじめ、加齢とともに増えていきます。

軟性繊維腫・老人性疣贅・脂漏性角化症が「皮膚がん」になるような可能性はかなり低いので、そこまで気にする必要はありません。

 

スキンタッグ(Skin Tag)

スキンタッグとは皮膚疾患の一つで、良性のいぼのことです。

多くの場合、軟性繊維腫と老人性角化症は混在しているので、直径1~3mmほどのものをまとめてこのように呼んでいます。

スキンタッグは、首・胸・脇(脇の下)などにでき、首を触ってみて引っかかる、ヒゲを剃る時に引っかかるなどによって気づく方が多いです。

色は黒いものから肌色のものまであります。

 

尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)

尋常性疣贅とは主にウイルス性のイボの事を言います。

ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が原因となってできるポツポツです。

これは放置しておくとウイルスの特性として多発して広がることが多いとされていましたが、2016年現在は「潜伏感染で遺伝する」が有力です。

元々細胞の中に潜んでいて種々の刺激によって増殖します。

 

こんなイボには注意!

イボやほくろには、注意が必要なものがあります。

  • 急に大きくなる
  • 色がおかしい
  • 直径が7ミリ以上ある
  • 血が出てくる

このような症状が出た場合、まず皮膚科で診察をうけましょう。

 

イボの取り方

イボの取り方は、皮膚科で「外科的に取り除く」方法と、「塗り薬で取り除く」方法があります。

皮膚科での首・脇の下イボ治療

小さいイボならば、皮膚科で手術をすると簡単にとれ、跡も目立ちません。

ただし、血液をサラサラにするサプリや薬を飲んでいる場合は、予め医師に伝えておきましょう。

自分でハサミを使って切るのはNGです。イボが悪化したり感染症になる可能性があります。

 

液体窒素による凍結療法

マイナス196℃の液体窒素をポツポツにあて、凍結させてかさぶたを作ります。
かさぶたがポロッと取れると、ポツポツも自然にとれるという原始的な治療です。

私も指にできたイボは液体窒素の凍結療法でとりましたが、少なからず痛みがあります。
また、患部以外にも影響を与えることもあり、色素沈着の可能性も大きいので、顔や首にはおすすめできません。

 

外科的手術による切除術

サイズが大きい場合や病理検査をおこなう場合は、金属メスや電気メスで患部を切り取ります。
広範囲な手術の場合、皮膚移植が行われることもあります。
術中、術後の不便さを考えた場合、あまりお勧めできません。

 

レーザーによる切除術

ホクロやいぼの治療で使用される炭酸ガスレーザーをイボやポツポツ照射して細胞組織を蒸散させる治療方法です。
液体窒素と違って削る深さの調節ができるため、繊細な治療が可能です。
非常に効果的ですが、1個あたり5,000円以上することもあるので、治療費が高額になる可能性があります。

 

健康保険は適用されるのか

健康保険が適用される治療
  • 液体窒素による凍結療法
  • 金属メスや電気メスによる外科的な摘出術
健康保険が適用されない治療
  • 老人性色素斑の治療
  • レーザーによる切除術
ケース・バイ・ケース

脂漏性角化症の場合は治療法によっては健康保険が適用されることもあります。

 

イボのケア

イボは簡単な処置でとることができますが、以前と同じような生活環境だと、再発する可能性が高まります。

せっかくイボを取っても再発しないよう、日頃からケアを行いましょう。

 

ウイルス対策

皮膚にイボのウイルス(HPV:ヒトパピローマウイルス)がつくことで、感染する恐れがあります。

ヒトパピローマウイルスは乳頭腫と呼ばれるウイルスで、150種類以上もあります。

ヒトパピローマウイルスは粘膜につくタイプと、皮膚につくタイプがあり、脇の下にできるイボは皮膚につくタイプのウイルスです。

接触感染でうつりますが、ウイルスがついてすぐ感染する訳ではなく、皮膚や粘膜の小さい傷などから侵入し、細胞に感染します。

そのため、常に身体を清潔に保つことで、ある程度は防ぐことが可能です。

病気などで入浴ができない環境でも、お湯にひたして絞ったタオルで拭くだけで、ウイルスを取り除く効果はあります。

 

脇毛処理も原因のひとつ

脇の下にできるイボは、脇毛処理の時にできた傷が原因の場合が多いです。

脇毛を処理するときは、毛抜きで抜くことは止めましょう。イボだけでなく、毛嚢炎になる可能性もあります。

脇毛を剃るときは、ムダ毛用のクリームを使って肌とカミソリの摩擦を減らし、傷がつかないようにきをつけましょう。また、切れ味が悪くなる前に、刃はこまめに取り替えましょう。

 

服装による摩擦を防ぐ

スキンタッグ(良性のイボ)は、皮膚に刺激を与えないことである程度の予防ができます。

サイズが小さい衣類を着た場合の摩擦や、脇汗などを意識して無くすことが大切です。

首周りを刺激しない服装や、締め付けない下着を選びましょう。ネックレスなどのアクセサリーも、できるだけつけない方が望ましいです。

 

保湿とUVカット

化粧水や美容クリームなどでの保湿は、首周りやデコルテまで行いましょう。これにより肌が潤い、衣類などの摩擦が軽減します。

また、紫外線対策も、首周りまで行いましょう。胸元まで開いた服装の場合は、デコルテまでカバーしましょう。

 

まとめ

イボやポツポツには、大きく分けて「皮膚科で治療」する方法と、「自宅で治療」する方法があります。

明らかに生活に支障をきたす場合や、皮膚がんの疑いを晴らしたい場合は皮膚科での診療を。
少し気になるという場合は自宅での治療をおこなうことで、ポツポツのないなめらかな肌を手に入れることができます。

20160121追加
≫自宅で簡単ポツポツケア!イボのないなめらかな肌を手に入れるならコチラ!