Lux(ラックス)

ユニリーバ・インドネシア「LUXベルベットタッチ」を使ってみました!効果と口コミ

パッケージが国内外でいろいろあって、どれが評判の良い石鹸なのかわからないのと、インドネシア語が読みにくい

LUXベルベットタッチなんて、どうってことはない浴用石鹸じゃないか?と思われた方、このインドネシアのユニリーバのラックスベルベットタッチは、普通のせっけんとはちょっと洗い上がりの質感が異なります。

お風呂がとても大好きで、朝、昼休み、夜と一日3度もシャワーを浴びてしまう人もいる地域やお国柄だけに、洗浄効果がほどほどかつマイルドな感じ。それでありながら、汚れおちもさわやかさもしっかりしていて、さまざまな雑貨ショップから、インドネシア系通販などを利用しての指名買いする人も多い、隠れた口コミ人気商品です。

LUXベルベットタッチ徹底評価!

この製品は、日本で販売されているLUXの石鹸の内、ただ製造地がインドネシアというものとは全く違います。

この製品、ものとして常時取り扱いがある店舗というのはあまりないのですが、まれに雑貨店や100円ショップなどで1~3個で100円前後で販売されています。

よくある日本の大手メーカーのせっけんと同じで、二重の紙でつつまれており、鼻に近づけると石鹸の香りそのものがダイレクトに伝わるタイプです。

同時期に日本国内で購入しても、パッケージや香り、形状などが同製品名ながら複数みられることがあります。実際には全く同じ商品名、同じ香りの名前で、いくつかのデザインやクラス違いの種類が存在しているのかも知れません。

パッケージをあけてみると、普通の日本のLUXに比べて、ちょっと硬く、また真っ白でマットな質感の肌のせっけんです。
パーム油ベースのため泡立ちがそれなりながら、硬く、お風呂場などにおいても、また密閉型の石鹸ケースなどを使っていても、溶けにくい点が便利です。
それでいながら一度泡が立ち始めると、もっちり感は少ないながらかなりもこもこと気持ちが良いほどの泡。これは添加されている化学成分由来の物かと思われます。

香りがとにかくお風呂場全体を適度に覆ってくれるほどで、きつすぎず、ほのかながら強め。ホワイトフローラルのものが日本には多く販売されていますが、男性でも女性でも、さまざまなコロンと相性が良い香りで、よくある日本のせっけんのそれよりもちょっとはだに残りやすく、かつ、いかにも石鹸という感じではないあたりが、日本よりもフレグランスが一般的で、田舎の往来にある小さな商店ですら香り商品が豊富なお国柄をよく表しています。

基本的にインドネシアは暑くいつも湿度も高いことから、ニオイ対策に気を使っている人が多く在ります。日常着をとりまく、洗濯洗剤、仕上げ剤、そしてボディを取り巻く石鹸、シャンプー、虫よけ、コロンなどさまざまな製品の芳香成分が強いというお国柄。
いろいろなものが混ざるとそれだけでも気持ち悪くなりがちで、そこに汗のにおいまで混じることも・・・
だからこそ、多数の製品との相性を考えてのニオイ設計になっているのが大手製品にはとても多いのです。

こちらの製品は、インドネシア国内でも「どんな田舎でも買える」というほど馴染んだ製品でもあり、定番製品。
だからこその、ユーザーの使用シーンに配慮して絶妙のセッティングの香りバランスなのです。

タオルなどにつけてごしごし洗うと、しっかりと肌の奥底まであごやくちもとの深い毛穴に入り込んだ垢まで落ちるという感じがありますが、パーム油だけに石鹸による洗浄が強いというわけではなく、泡はあくまで程よいクッション材+やわらかな洗浄成分という感じ。

顔の洗いすぎで、アトピーや乾燥肌になってしまったといった方には本当に適度で、良い感じの使い心地です。

私もこの石鹸を初めて購入したのは、ちょっと温泉に行きたいのだけれど、たまたま手元に温泉で使える石鹸がない・・・急ぎどこかで調達をとおもい購入したのが始まりでした。

現地で使ってみたら、程よい汚れ落ちと速やかな泡切れ。そして洗い上がった後、皮がむけすぎないのにつるっとしていてざらつきがない、絶妙の洗浄具合に感激して、それからリピートしています。

あかすりで洗ったような、強力な洗浄効果を期待する人には向きませんが、ほどほどで肌にもやさしく、潤いもそれなりにのこる洗浄力をもとめるなら、なかなか良いセレクトだと思います。

数ある自然派石鹸のような、豊富なうるおい、みずみずしいうるおいというものは存在しませんが、さっぱり一旦肌を、適度にリセットしてくれる絶妙のコンディションが得られます。

LUXベルベットタッチ使用者の口コミ

良い口コミ

汚れ落ちすぎなくてとにかく良い。あと、体洗いにももちろん使えるし、インドネシア土産がこれだと、ほんと嬉しい。
一見どこにでもあるような石鹸ですが、とにかく香りが良いです。南国仕様には珍しくサッパリ系ではなくしっとり系。泡立ちも良いです。
アジアンテイストな香りが面白い石鹸です。私が購入した価格は、70g×3個パックで105円でした。トロリとしているので、浴室では溶けやすいかもしれません。泡立ちが良く、固形石鹸とは思えないとろみのある泡です。濃密な泡で、ボディソープのような洗い心地。洗い上がりは、国内の固形石鹸よりもサッパリします。
海外の高級ホテルの香り!

悪い口コミ

「ルックス」という石鹸は何だろうと思っていたら、「LUX(ラックス)」のことでした。
香りがキツい。そして、パッケージモデルが我々極東の人間の顔と明らかに化粧が違う。
紙パッケージなので、買うお店によって水分をすった跡があったり、品質や香りが安定しない。
パッケージが国内外でいろいろあって、どれが評判の良い石鹸なのかわからないのと、インドネシア語が読みにくい。

ちょっと特殊な石鹸ということもあり、あまり口コミの数は多くないのかと思いきや、旅行土産などとしての購入者が多く、なかなかの件数が見られました。

国内の雑貨店100円ショップでの取扱量が安定しないのか、こちらのせっけんを購入してから、これまで販売されていなかった店で、同じせっけんが販売・・・などという方なども診られたり。

悪い口コミとしては、言語や表示などのため製品が見極めにくい、現地購入時には言葉が通じにくいため、スーパーデパートなどで購入するとき以外では製品が探しにくいといったもの等が見られました。また、香料が国産せっけんよりも強めに感じられるといった方も多くみられました。

良い評判としては、この香りが高級感がある、汚れ落ちと泡立ちが良いといったものなどが多くみられました。

こちらのせっけんは、インドネシア国内でのみ販売できる契約の石鹸ということもあり、見つけたら即買いするファンが多いようです。

まとめ:男性でも使える?

男性でも、皮脂汚れを顔からとり過ぎてしまうことで、洗顔後に急に毛穴が開き、そして急激に毛穴に皮脂分泌。さらに毛穴つまりなどが発生してしまうという人も多くみられます。

こういったケースでは、洗浄はむしろ適度に控えながら、ふき取り化粧品などで、ミントや刺激物が入らないものを併用することによるケアで、皮脂の過剰な分泌などをおさえるこも可能です。

必要な皮脂などまで落とし過ぎないこちらの製品は、洗顔での乾きによるトラブルから防いでくれる可能性が高く、男性でもお勧めしたい製品です。