冬のスキンケア

冬のスキンケアの基本方法を抑えて、粋で出来る男を目指しましょう。
冬のスキンケアのプロセスの基本は、洗顔に保湿、そしてUVカットのための対策という、3つを押さえておくべきです。

特に通年を通しての基本のスキンケアは、洗顔と素肌への保湿を基本とします。

冬のスキンケアプロセスでは、UVカットが多少怠るようなことがあっても問題はないものの、洗顔と保湿は崩してはならない重要なプロセスとなります。

スポンサーリンク

冬のスキンケア

男の素肌は女性とは違い、どちらかというと油っぽい傾向にありあす。
しかし全体に油っぽいかというと、すべてがそうではなく、額から鼻筋にかけては油っぽさが多いものの、皮脂分泌も少なく、ひげそりでの負担も大きい、フェイスラインなどは、乾燥をしやすくなります。

太陽からの燦々とこぼれ落ちる紫外線は、冬でも肌にとってダメージになりますので、紫外線から肌を守る対策も、決しておろそかにはできないことです。

男のデイリースキンケアの基本方法

メンズ用スキンケアコスメは、男の肌を考えて作られていますので、そうした基礎化粧品の利用をするといいでしょう。

スキンケアのプロゼストして、まずは毛穴汚れをしっかりと落とす必要があります。
いくら評判の良いメンズコスメを購入しても、毛穴汚れが蓄積されたままでは、良い成分は浸透などはしないのです。

冬は毛穴も広がりにくく、中にたまった皮脂が落としにくいものです。

最初のステップは、正しい洗顔で毛穴汚れまで除去することにあります。

男の冬の洗顔方法

力も有り余るのが男性陣ですので、顔を洗うときには、いつの間にかワイルドな洗顔になっている人もいるでしょう。
女性よりも肌が強いことを過信すると、皮膚トラブルの勃発は容赦なく肌に現れます。

まずは洗顔を見直して、肌に対して優しい洗顔をすることを基本としましょう。

洗顔フォームを毎回使っているのであれば、冬はその回数は減らして構いません。
油っぽいのを気にして、過剰に何回も強い洗顔フォームで顔を洗うと、余計に肌は油っぽく変わります。

冬のスキンケアに適した洗顔料

市販の安価な洗顔フォームは、汚れを根こそぎ落とすほどの、強力な洗浄成分を含んでいます。
これは合成の界面活性剤の成分であり、必要以上に皮膚に重要な、水分と皮脂も洗い落とすことになります。

肌を考えますと、あまり安価な洗顔フォームはおすすめとは言えず、石鹸や配合成分の優しいタイプの、洗顔料を選択することで、皮膚の健やかさは維持しやすくなります。

そうした素肌への優しさもメンズコスメの石鹸には、成分として考えて配合をされているタイプが、今ではとても多くなっています。

洗顔料は1回でもOK

洗顔のプロセスですが、1日のうちの夜にだけ、洗顔料を使用することを習慣とします。

1日に複数回もの、洗顔料使用の洗顔をすると、肌は次第に環境を乱すことになりますので、複数回の洗顔は控えましょう。

洗顔料を使う洗顔は、1日の終わりである、夜の時間帯だけで十分です。
そして石鹸などの洗顔料を肌に使う前には、最初にぬるま湯か水で素肌の汚れを、軽く洗い流すのがコツです。

こうするとこで、最初に軽い汚れが落とせますし、石鹸の泡のなじみもよくなります。

泡で洗う冬の洗顔

石鹸や洗顔フォームは、水を含ませてからよく泡立てて、もこもこの状態にして使います。

泡立は面倒に感じることもあるでしょうが、直に石鹸や洗顔フォームを肌にこすりつけてしまうと、肌は負担になるばかりです。

手のひらに取って、水分と一緒によく泡立てて、その泡を利用して洗顔をすることになります。

顔の上に泡立てた泡をのせてから、手のひらで優しくマッサージをするように、汚れを泡に付着させていきます。

優しく洗い流す

清潔な水か、もしくはぬるま湯を使い、洗顔料をしっかりとすすぎ洗いで落としましょう。

髪の毛の生え際には、洗顔料が残りやすいポイントになるので、その部分も必ずすすぎ洗いをします。

すすぎの時にも、肌を無駄にこするような洗い方はしないように、優しく水分を肌に当てて、洗顔料を落としていきましょう。

清潔なタオルで水分を拭き取る

顔を洗い終わったら、タオルで水分をオフしていきますが、この時にタオルは必ず、清潔なものを使用します。

また、タオルの肌触りも確認をして、柔らかく肌にもソフトなものを使いましょう。

タオルが不衛生であったり、何回も洗って肌触りが悪いものですと、冬の肌にはマイナスになるので、新しく清潔で、肌触りの良いタオルで顔をふきます。

冬のスキンケアには保湿が一番大事!

洗顔を終わった後には、たっぷりのローションで、乾いた素肌に水分をたっぷりと塗布していきます。

適量のローションを手のひらに取り出して、顔のパーツのセンターから、外へと塗布していきます。

顔の中でも乾きやすいパーツはあるので、皮膚に乾燥を感じる部分には、念入りに重ねづけをしましょう。

ローションで水分補給を行ったら、そのあとには油分を含む、メンズ用の乳液を顔全体になじませていきます。

冬とはいえ、紫外線は侮れません。

朝のスキンケアでは、こうしたプロセスの後に、UVカットのクリームを、顔全体に塗布しておきましょう。
顔のみではなく、耳の後ろや首まで、露出するパーツは塗っておきます。

スポンサーリンク