MARIUS FABRE(マリウス ファーブル)

マリウスファーブル「サボンドマルセイユ」は地中海の海水から精製されている正統派のマルセイユ石鹸。効果と口コミ

マリウスファーブル「サボンドマルセイユ

地中海沿岸、フランスなどをはじめ、クラシカルな製法を守りながら、豊富なオリーブオイルと新鮮で安心できる素材からじっくりと作られている製品が多いことでしられるマルセイユ石鹸と分類される各種のせっけん。

数限りない本場をうたうマルセイユ石鹸のなかでも石鹸生活ビギナーから、ベテランにまで、優れた肌の保護効果に、さっぱりとした洗い上がりながら保湿も感じさせてくれる、絶妙のセッティングの製品がマリウスファーブル(ル セライユ社)の製造する「サボンドマルセイユ」・・・直訳するとマルセイユ石鹸です。

販売されているブランド名としては、マリウスファーブル表記になっているショップが多いのですが、製造しているのはフランスのセライユ社です。実際にはこの2社のせっけんはラベルなどが異なるため判別は容易ですが、お洒落なエコショップなど、石鹸をカットしながらの量り売りや、紙にくるんでの販売などの形態では、両社が混在していることがおおく、用途や成分の違いもあり注意が必要です。

顔にももちろん、ボディにも、ひとによっては髪や頭皮ケアにまでと、広い用途で安心して使える製品です。

マリウスファーブル「サボンドマルセイユ」徹底評価!

こちらの製品は、さいころ型。150gと300gタイプがあります。日本で購入できるのは、よりしぼりたての油全体を原料として、素材の良さを実感させてくれる濃いめの緑色。季節によって黄色やさまざまな色のものが出来上がりますが、これは古くから守られている製法に由来するのです。

この製品は、オリーブオイルを中心として天然の植物油脂を100%使用して、地中海の海水から精製されている正統派の石鹸。17世紀、ルイ14世が制定した製造基準を今も守り続けている石鹸なのです。

現在は緑色の製品が、国内各所、コスメショップからドラッグストア、ちょっと高級なスーパーまで、ひろく販売されています。

これが、実にしっとりしながら汚れ落ちがするするときれいなタイプ。とくにタオルやブラシなどでこすり洗いをせずに、石鹸を水に浸して少しだけ表面を泡立てたりしてから顔を石鹸でこすったり、あるいは石鹸をただ濡らしただけで顔にこすり付けるだけでもさっぱりしながら十分に不要な皮脂汚れがすっきり落ちるほどなのです。

そう書くと、なかなかハードな洗浄力で、肌が荒れるのではないか?と思いがちですが、肌にもとてもソフトで優しい石鹸。

この角型の大きさながら、とても柔らかく。しっかりと使用していない時間帯の石鹸の乾燥や、水残りのケアなどを行わない限りは、わりあい早く、石鹸の型崩れによりなくなってしまいがちです。

ただしそれでも、通常のオリーブオイルを使った各種せっけんに比べては、ちょっと硬めで扱いやすい方です。

国産でも現在はマルセイユ石鹸などが数多く販売されていますが、それらに比較しては型崩れはしづらい製品です。

顔だけでなくロングヘアの女性の髪にも、もちろんボディにも使える製品です。オリーブオイルをメインにした世間は通常、髪などを洗うとべたついたり、きしみがちですが、この製品は、とても多くの使用者で、そうした現象が見られないとして、もう四半世紀も口コミや雑誌などのメディア人気の製品です。

私個人も長髪のストレートやパーマヘアのいずれの時にも、こちらの石鹸で洗っていたことがありますが、石鹸シャンプーや石鹸そのもの、洗髪石鹸バーなどにくらべて洗髪中すらきしみにくい!

ただしそのかわり、泡がとても濃密で濃く、もちもちとした泡というよりは、液体のような、美容液のようなとろっとした泡が出来上がります。

同じマルセイユ石鹸でも、マリウスファーブル社がつくるものと、セライユ社がつくっているものは成分などがかなりことなり、マリウスファーブル社製造のものは髪に対してはきしみやべたつきが出がちです。原料オイルそのものはかなり異なっており、肌での洗い上がりにも差が出ます。

洗い上がりはマリウスファーブルは髪のべたつきなどもありますが、肌では洗い上がった後に濃密なコートが出来上がる状態。セライユの物はほとんどコート効果を手で触れて感じることはないながら、なぜかいつまでも乾きにくい上、汚れがしっかりと落ちてさっぱりし、余剰の皮脂が水に浮くほどとれるという感じになります。

このあたりは本当に、使用感やご自身の肌質で使い分けられるとよいかと思います。

マリウスファーブル「サボンドマルセイユ」使用者の口コミ

良い口コミ

[char no=”6″ char=”いいね!”]全然オリーブ石けん臭くなくビックリ。成分を見返したら他のオイルも入ってるんですね。
タオルにこすり付けると、ゆるく軽い泡立ちでサラッとした感じなんですが、
最後までしっかり洗えて、泡切れもよくサッパリして気持ちがいい!
すごく使い心地がよく、もっと早く使えばよかったと思いました。[/char]

[char no=”6″ char=”いいね!”]無くなったら困る石鹸第一位です。
髪と顔を毎日これで洗っています。
しっとりする石鹸です。
髪に使用すると乾かした後にしっとりサラサラまとまります。[/char]

[char no=”6″ char=”いいね!”]M.ファーブル社のは洗髪に使うとべたっとしてしまうのですが、こちらはさらっと仕上がり良かったです(髪質は極細のくせ毛、脂っぽいほうです)。私の髪だと、洗い上がりはアレッポに近いです。匂いがヨモギみたいな感じで、オリーブ石鹸によくある匂いとはずいぶん違います。[/char]

[char no=”6″ char=”いいね!”]オリーブオイルの無添加石鹸って、ちょっと粘土のようなにおいがするのですが、この石鹸は粘土っぽいにおいはあまり気になりません。 「無香料」ですが、ほのかに薬草のようなにおいがします。
他の会社のマルセイユ石鹸と比べると、使い心地や使った後もややさっぱり目。[/char]

[char no=”6″ char=”いいね!”]香りがやさしくて、かろやかなので使いやすいです。
オリーブ石けんのなかではサッパリしすぎるような
感じなので、夏用・または男性用に丁度良いかも。[/char]

悪い口コミ

[char no=”7″ char=”よくないね!”]とても溶けやすいので、お風呂あがりに水を切って洗面所に移しています。そのままお風呂場に置いておくと表面がスライムみたいになってしまいます。[/char]

[char no=”7″ char=”よくないね!”]うっかりお風呂場の床に落としたら2つに割れました。それからはボロボロといくつにも割れてしまったので、そこからはネットに入れて使用しました。この点以外は気に入りました。[/char]

やはり口コミ不評点では、溶けやすい、割れやすいというものが圧倒的に多いようです。このあたりは、やはり初めからネットに入れるようにしたり、そのうえでしっかりと使用しない時には乾かすようにするなど注意が必要ですね。
他に、最初から使いやすいよう数十グラム単位でカットしてといった使用方法の方などもあるようです。

良い口コミとしては多いのがさっぱりして臭いが気にならないというもの。
天然材料のなかでもとくにオリーブオイルは臭いが独特。

石鹸として熟成させている間に、あぶら粘土のようなにおいになるものが多く販売されています。

こうした臭いが個人の体臭と勘違いされがちなのはとくに男性に多くみられ、このにおいがないだけで全身にも使いやすいとして、評判ではあります。

髪の毛を洗っている人も、さらさらまとまるという方が多く、この点でも、石鹸で全身をさらっとまとめたいナチュラル派には評価が高いようです。

まとめ:男性でも使える?

肌に優しいうえさっぱり。洗い流した後も、べたつかずにうるおいは残ります。だから、洗い上がり直後からの急激な皮脂分泌などが抑えやすく、かなり脂っこい体質の方でも、洗顔~ボディ洗い後、いつもよりも長時間、さらさらした皮膚の状態が維持できます。

そのため、洗顔後に、化粧品ケアを行っていない男性にも、オススメしたい製品です。

お値段は多少お高めの設定の製品ですが、前述のようにエコショップなどでは、大きな石鹸からの切り出し販売などで数十グラム単位からの販売を行っているところもあります。