スキンケア

ナールスロゼ完全ガイド|ロゼの効果と口コミを徹底検証

ナールスロゼ
ナールスロゼ
手のシワやカサつきにナールスロゼ
ナールスロゼ手のシワカサカサハンドケア

ナールスロゼは、京都大学 化学研究所と大阪市立大学大学院生活科学研究科との共同研究で見出された、エイジングケア成分「ナールスゲン」から作られた手肌用ローションです。

手肌に塗り込むだけで、肌の線維芽細胞にはたらきかけ、人の皮膚が本来持っている力をサポートし、洗練された手肌に仕上げてくれます。

 

注目の新成分「ナールスゲン」

エイジングケア

ナールスゲンの大きな特徴といえば、エイジングケアに非常に大きな効果が期待できるということです。

ナールスゲンは表皮のグルタチオンを増やす効果が分かっています。グルタチオンは体内のサビ取り(抗酸化作用)に働くため、老化防止や放射線障害予防にも注目されています。

 

エラスチンとコラーゲン

エラスチンとコラーゲン

エラスチンは「弾力・伸縮性」が語源の成分で「弾性繊維」と呼ばれ、体内でコラーゲン同士を結びつけて網目にします。構成されたコラーゲンはゴムのように伸縮する性質をもち、肌のハリはエラスチン・コラーゲンと比例します

ナールスゲンはエラスチンの発現量を1.5倍、コラーゲンの発現量を2倍以上も増やす実験データがあります。

ポイント

ナールスロゼはナールスゲンを配合し、エラスチンとコラーゲンの発現量を跳ね上げます。

 

登場人物A

ナールスロゼは高いエイジングケア効果が期待でき、手肌にハリやツヤ、潤いをもたらします。

 

ナールスロゼを最安値で買う方法

せっかくナールスピュアを購入するのなら、少しでもお得に購入したいものです。そこで、どこでナールロゼを買うと一番安く買えるのかを徹底調査しました。

Amazonでの最安値

Amazonでのナールスロゼ最安値

Amazonでは3,025円でした。

楽天での最安値

楽天市場でのナールスロゼ最安値

楽天でも3,025円でした。

Yahoo!ショッピングの最安値

Yahoo!ショッピングでのナールスロゼ最安値

Yahoo!ショッピングでは2,980円でした。

公式サイト

ナールスロゼ公式サイトの価格

公式サイトでは、ナールスロゼが2,592円で購入できます。

調査した結果、公式サイトが一番お得にナールスロゼを購入することができることが分かりました

 

商品情報

販売会社 株式会社ディープインパクト
原材料名 ダマスクバラ花水、水、グリセリン、BG、ペンチレングリコール、ジグリセリン、PPG-9ジグリセリル、カルボマー、1,2-ヘキサンジオール、トレハロース、プルラン、マルチトール、水酸化K、PCA-Na、ペンテト酸5Na、カルボキシメチルフェニルアミノカルボキシプロピルホスホン酸メチル、シアノコバラミン、センチフォリアバラ花エキス、イザヨイバラエキス、ノイバラ果実エキス、カニナバラ果実エキス
価格 通常価格2,592円
3本セット&ラッピング袋(3枚)付き 7,776円 → 6,480円(1,296円もお得)
開封・未開封を問わず30日間返品可能
使い方 ハンドクリームとして使用してください。
効果 手肌の潤い
分類 ハンド美容ジェル
内容量 35g
決済方法 ・クレジットカード決済
・銀行振込(先払い)
・郵便振替(先払い)
・代金引換(代引手数料無料・クレジットカード決済可)
・後払い(コンビニ・郵便局・銀行)

 

登場人物A

ナールスロゼはハンド美容ジェルでは珍しく、全成分を表示しています。危険な成分が含まれていないので、安全に試すことができます。
開封・未開封に限らず30日間返品できるのも安心ですね。

ナールスロゼ使用者の口コミ

ナールスロゼ使用者の口コミ

 

ナールスロゼについてよくある質問

どのくらいで効果が出ますか?
早い方であれば1週間程度で実感されます。
個人差はありますが、モニター調査では、2ヵ月で90.2%が「肌に実感がある」と答えています。
刺激はありませんか?
189名で行ったモニター調査では、「全く刺激を感じない」148名(78.3%)、「あまり刺激を感じない」38名(20.1%)、「少し刺激を感じる」3名(1.6%)で、「かなり刺激を感じる」という方は、1名もいらっしゃいませんでしたが、もし刺激感を感じた場合は、使用を休止して医師にご相談されて下さい。
保蔵方法を教えてください
使用後にしっかりと蓋をしめて、極端に高温または低温の場所、直射日光のあたる場所を避けて保管してください。
中身の出し戻しや、使用した後に長期間放置してからの再利用はしないでください。

 

登場人物A

ナールスロゼに配合されているナールスゲンは、エイジングケアにとって大切な多くの機能を持ち、また、それが試験で証明されている成分です。