男磨き

【男磨き】デキる男が無意識に使いこなしている男の磨き方とは?!

男磨き

【男磨き】男が自分を磨く、とは何か?

『この記事は、男を磨く上での具体的な方法をお伝えしています』

  • ネガティブな性格
  • 何をやっても人より劣っているような気がする
  • 自分のことが嫌い
  • いつも自己嫌悪や劣等感を感じながら生きている

自分に自信を持てない時ってありますよね。

男が自分を磨く。なんだか照れくさいかもしれません。
でも、男磨きを始めてみたら、ビジネスでもプライベートでも、
毎日がちょっとずつ楽しくなり、ライフスタイルがかわり、 人生が好転していくとしたら?

努力は必ず実る訳ではありません。
しかし、努力しなければ何も変わらないし実りません。

人脈やチャンスは大切ですが、
あなた自身の価値を上げることはもっと大切です。

男を磨くことで、あなたの人生はどんどん好転していきます。

  • 自信が持てるようになる
  • 人生の目標が明確になる
  • 毎日が楽しくなる
  • 新しいことに積極的にチャレンジできるようになる
  • 人から信頼される
  • モテるようになる
  • 積極的になれる
  • いつでも自然体でいられる
  • 苦手な相手とも余裕を持ってつきあえるようになる

実力をつけ、一緒になにかしたいと思われる男になりましょう。
そうすれば、人脈やチャンスは向こうから寄ってきます。

ここからは、男を磨く上での具体的な方法をお伝えします。

自分磨きは男の義務!

男を磨くという事は、どういう事でしょうか。

  • 内面を磨く
  • 外見を磨く

大きく分けると、この2つを磨く事が男を磨く事になります。

しかし、それよりも大事なのは男磨きの根本である「考え方」です。

男磨きの根本

男を磨くのは、内面・外見と言いましたが、その基礎となる部分がアイデンティティです。

アイデンティティは、人生の目標、どんな人になりたいのか、と言い換えても良いでしょう。

このアイデンティティが私達にどのような影響を与えているかを知るために、「ニューロ・ロジカル・レベル」という考え方を紹介します。

ニューロ・ロジカル・レベルと男磨きの関連

ニューロ・ロジカル・レベルは、ロバート・ディルツ博士(世界的に著名なNLPのトップトレーナー)が体系化したモデルで、次の6つの階層があります。

  1. 環境…いつ、どこでという環境に関わる外的な要素
  2. 行動…何をするのか、何をしているのかという行動に関わる要素
  3. 能力…計画や戦略に関わる要素
  4. 信念…特定の反応や能力を引き出したり、モチベーション等に関係している内的な要素
  5. アイデンティティ…私は何者かという自分の役割に関わる要素
  6. スピリチュアル…私は何のために生きているのかという、自分を含む大きなシステムに関する要素
ニューロ・ロジカル・レベル

ここで重要なのは、ニューロ・ロジカル・レベルの上位階層は、下位階層に対して、何らかの変化を促すということです。

たとえば、自分を「怠け者だ」と役割付けていたら、その下位にある信念や能力は、この影響を受けます。物事を先延ばしにし、何の行動も起こさず、環境も良くならないでしょう。

男磨きで心がけることは、まず自分がどのような人間になりたいかを決めることです。

主に、内面に関わる6つの要素を紹介します。

「生き方」を左右する内面磨き!その6つの要素とは?

純粋01

1、心に余裕がある男になろう!

内面を磨くというのは、人間として魅力のある男性になるという事。

精神的に自立しており、広い視野と向上心をもち、
愛情豊かでどこか余裕のある男性は、誰からみても魅力的です。

心に余裕がない時にまわりの人に優しくすることは大変です。
おおらかな心を持ち、時間や行動に余裕を持つ事で、周囲の人間にも気を配れる男性になります。

事あるごとに自分を見つめなおし、 心に余裕がないと感じたら、一息つくなどして気持ちをリフレッシュする癖をつけましょう。

2、色々な立場の気持ちで考える事が出来る男になろう!

相手の立場に立つというのは、想像力を働かせる事です。 そして想像力は、経験から生まれます。

知識は本を読んだり、セミナーに参加する事でも得られますが、自分が苦労する事で、始めて相手の痛みが分かるようになります。

苦労をしてきた人の言葉には重みがあります。
相手の苦しみも分かるので、思いやりも生まれます。

3、自然な笑顔が出来る男になろう!

自然な笑顔は、安心できる良い雰囲気を作ります。

ムッとしている人と、笑顔の人はどちらが好感度を持てますか?
自然に笑顔を作るのが難しければ、鏡を見て練習するのも良いでしょう。

意識して笑顔になっているうち、それが自然な笑顔になりますよ!

最近あった、心から笑顔になれる事を思い出して笑います。
口角をあげる練習もいいですね。

4、結果を出す事を考えよう!

一流の男性は、「昨日よりも今日、今日よりも明日」という哲学で生きています。

物事に真剣に取り組み、結果を出すために行動している男性は、
成長し進化をし続けています。

昨日の自分を超える事を心がけましょう。

5、自信のある男になろう!

自信の正体は、「開き直り」と「思い込み」です。

何かの成功経験や記憶は、これらを助長する為に非常に効果的です。

どうしても自信が持てない男性は、
まず、今自分ができる事とできない事とを自己分析してください。
そして、出来る事を積み重ねてください。

「自分は出来る」という思い込みが、自然と「自信」になってきます。

但し、自信と過信は紙一重。
一歩間違えるとナルシストになってしまう恐れがあるので気をつけましょう。

6、性格を磨こう

握手01

正直であり、誠実である男性は、好感度が持てます。

嘘をつかず、人によって態度を変えない男性になりましょう。

ダイヤモンドを磨く時は、傷をつけながら綺麗に磨いていきます。

人間もそれと同じです。
ダイヤモンドを磨くにはダイヤモンド。 人間を磨くのは人間なのです。

「外見」とは男の生き様である

内面の磨き方はわかりました。 しかし、ここからが重要なポイントです。

いくら内面を磨いても、相手はまず外見からあなたを判断します。

もちろん、内面が磨かれた人であることは、大事です。
その内面の素晴らしさを、もっと外へ向けて表現してください。

責任を持って、一着のスーツ、一足の靴、一本のペンにいたるまでを選んでください。

健康を重んじ、自分の身体をいたわる。
そういった自己管理のできる男こそが、現代の磨かれた男なのです。

外見は、身に付けるものだけではありません。
最も磨かなければならない外見。それは、自分自身の外見です!

それではお待ちかね!自分自信を磨く3つのポイントを見て行きましょう。

1、装飾品よりも大事な「自分自身」を磨こう!

  • 標準体系でなければ、標準になるように努力する。
  • ヘアースタイルや髭の手入れを心がける。
  • 常に清潔感のある肌を保つ。

カタチは案外大切です!
見た目だけでも自信がつくと、それだけでモテるものです。

男を磨いたあなたは、知り合いの女の子ももちろん、知らない女性からも声をかけられるようになるかもしれません。

でもモテるようになっても、調子にのってはダメですよ。
肌が綺麗になりツヤも出ているとしても、『オレってかっこいい』と思っていると、それは相手に伝わるので気をつけましょう。

その前に!

まずは好感度を与える為の、自分自身の磨き方を見ていきましょう!

見た目で重要なのが、「清潔感」と「体つき」です。

2、清潔感と好感度は比例する

清潔感のある肌は、好感度を与えます。
清潔感の基本は洗顔です。

洗顔は、朝と夜2回行なうのが鉄則です。

朝の洗顔は、眠っている間に分泌された皮脂を
しっかりと取り除くために行います。

夜の洗顔は、日中に肌についた
ホコリや皮脂、汚れを落とすために行います。

洗顔は、すべてのスキンケアの基本

不規則な生活で、肌は荒れてきます。
このような状態が続くと、肌は油っぽくなり、顔もベタベタしてきます。

肌を磨くには、洗顔から。
洗顔の後は、化粧水で肌に潤いを与えましょう。

洗顔後の肌は、水分が不足しています。

水分が不足すると、肌はそれを補おうとして、皮脂を余分に分泌します。

洗顔の後は、必ず化粧水や美容液をつけて、肌に潤いを与えましょう。

潤い、ツヤのある清潔な肌は、相手に好感度を与えます。

後は毎日続けるだけです。

3、鍛えた身体は裏切らない

トレーニング

太っているなら痩せる。体重を5キロ落とす。
痩せすぎならば標準体型を目指す。

基本的に、糖質や炭水化物は太ります。太っているなら、タンパク質を主食とし、糖質や炭水化物を制限することで脂肪を減らすことが可能です。

浮き輪のようなお腹周りの脂肪も、炭水化物を減らすことでみるみる落ちていきます。

まず目指す体型は細マッチョ。さあ、肉体改造の始まりです。

身体を鍛えるのは健康面が良くなるだけではありません。自分の肉体に自信が持てると何事にも動じなくなり、冷静な判断ができるようになります

細マッチョは男の価値を跳ね上げる

外見で判断するな、と言われても、人は外見で判断します。

でっぷりと太ったお腹は、どうしても見る人に、「だらしない」「不健康」というイメージを与えてしまいます。

体重を増減させるのは食事、体型をつくるのは運動や筋トレです。

タンパク質を摂取し、筋トレをすることで、あなたの身体と心に変化が起こります。
いきなりジムに契約する必要はありません。まずは道具なしでできる筋トレから始めましょう。

全体的に筋肉量を増やすことが理想ですが、最初は腹筋と上腕二頭筋を鍛えていきましょう。

道具がなく出来る簡単なトレーニングは、腕立て伏せと上体起こしです。

4、脱毛で見た目も綺麗に

男が脱毛なんて…と思うかもしれませんが、身だしなみを整えるのは男磨きの基本です。

特に、青ヒゲや濃すぎる体毛は処理をすることをおすすめします。

ヒゲや胸毛だけでなく、見えない部分の脱毛もしておくことで、いざという時に備えましょう。

どこで脱毛すれば良いのか分からない場合は、医療用レーザー脱毛や男性専用の脱毛サロンを選ぶと安心です。

男の内面磨きにおすすめな本

内面を磨くとは、それまでの自分を変えるという事です。裁くのは自分であり、裁かれるのも自分です。自分と戦わずして、内面を磨くことはできません。

しかし、がむしゃらに内面を磨こうと思ってもなかなか上手くはいきません。やはり指標は必要です。

ここからは、内面磨きに役立つ書籍を紹介していきます。

思考は現実化する

思考は現実化する_アクション・マニュアルつき

自己実現に関する要素がすべて含まれている本です。容易に読みこなせる本ではないため、繰り返し読むことをおすすめします。

読み始めてみると分かりますが、非常に厳しい内容です。むしろ苦悶させられます。しかし、自分を磨くためにはこれほど適した書籍はないでしょう。

読むと読まないとで、人生の結末が変わってしまう本です。

男の外見磨きにオススメな本

見た目で損をしている男性はたくさんいます。あなたの魅力を伝えるには、まず外見を磨きましょう。ここからは、外見磨きに適している書籍を紹介していきます。

エグゼクティブになる人の若々しい顔のつくり方

エグゼクティブになる人の若々しい顔のつくり方 (Business Life 5)

新品価格
¥1,490から
(2019/2/23 17:22時点)

メンズコスメアドバイザーでもあり、男性化粧品ブランドZASを率いる著者が語る「男のスキンケア」。

男性が化粧水などを使ってスキンケアをする大切さが、これ一冊で分かります。

既に最先端の男性はスキンケアの重要性に気づいています。
「いつまでも若々しい」
「あの人、好感度高い! 」
このような演出を自然に行いたい男性にとって参考にするべき本です。

 

筋トレが最強のソリューションである

筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法

新品価格
¥1,296から
(2019/2/23 17:23時点)

こちらは筋トレの本ですが、図や写真で筋トレの仕方を教えるような本ではありません。主に筋トレがもたらす「効能」について書かれています。

人生や人間として大切なことも多く書かれており、読むと精神面が鍛えられます。

読んだすぐ後に筋トレがしたくなる、そんな一冊です。

 

おしゃれが苦手でもセンスよく見せる 最強の「服選び」

おしゃれが苦手でもセンスよく見せる 最強の「服選び」

新品価格
¥1,512から
(2019/2/23 17:24時点)

スキンケアや筋トレで自分自信を磨いたら、ファッションセンスも磨いていきましょう。

なぜ、男性にとってファッションが大切なのか?

肌や体幹が磨かれていても、「清潔感がない」「だらしない」と思われるのは、ファッションが原因です。ひと目で信頼されるようになるには、やはり服装は大切です。

服選びには、実は簡単なコツがあります。最短でファッションセンスを磨くために読んでおきたい一冊です。

プロがメイクしたファッションを見るのは、非常に勉強になります。
実際に洋服売り場へ足を運び、マネキンなどが身につけているファッションをそのまま買うのも非常に有効です。
近くに洋服売り場が無いときは、35~50代のファッション好き男性に人気の【G-STAGE】も参考になります。
>>【G-STAGE】のファッションを確認する

何故、男を磨くのか

男磨きは、人生で関わるすべての相手への敬意でもありますが、自分自身が幸せに生きる為でもあります。

死ぬ間際になって人生を振り返り、「自分はいったい何をしてきたのだろう」と後悔しないためにも、今自分にできる精一杯のことを行いましょう。

まとめ

男磨きに必要なのは、内面磨き、外見磨き、の2つ。その根本となるのが「アイデンティティ」です。

重要なのは内面磨きですが、人はまず外見からあなたを判断します。そのため、内面磨きと同時に、外見も磨いていくことが大切です。
外見を磨くのは、あなたを見る人に不快感を与えないという「エチケット」でもあります。

男を研き、人間を磨き、人生を磨いていきましょう!

biyou-homme.com