ペリカン石鹸

ペリカン石鹸「泥炭石」を使ってみた!効果と口コミまとめ

ペリカン石鹸「泥炭石」

黒い綿棒、黒いトイレットペーパー、黒いシャンプーに黒いヘアクリーム等々、さまざまな黒系コスメやバスグッズが乱立する中、むかしからある潤いかつしっかりとした汚れ落ちの両方を併せ持った、男女どちらにも人気の石鹸が黒系石鹸としては知らない人がいないともいわれるペリカン石鹸の「泥炭石」です。

こちらの商品、直販はもちろん、一時はおしゃれな雑貨やバラエティショップでも多数取り扱われていたほど。口コミ大ブームからテレビでも評判の、ちょっと高級な全身にももちろん使える洗顔石鹸です。

ペリカン石鹸「泥炭石」徹底評価!

150gのちょっと大ぶりのバータイプ、まっ黒で素朴なパッケージに白い手書きの墨文字。

昔からとにかく「頑固なニキビや汚れ、お父さんの肌のねっとりとした汚れまで、全部一気に解決してくれる石鹸」として圧倒的な人気がありました。

ヒミツが化粧品のファンデーションやクリーム、飲み薬の原料としても用いらるベントナイトという高級な多孔質の粘土成分と薬用炭を配合しているから。このベントナイトと薬用炭、普通に町で売られている工事などに使うものや燃やしてつかうものとは全く異なる、とても細かく、肌にふれても負担にならない細かな粒なのです。

とくに薬用炭は、それを手元に広げているときに何メートルも遠くでしずかにドアの開け閉めをしただけで飛んでいきそうなほどの細かさ。

でも焼き魚やパンの黒焦げの部分を食べたら体に悪いっていうほどだから、体に悪そう・・・なんて思われる方!?

この薬用炭は、実は飲み薬として、医師の指導管理のもとで用いられるもので、一粒一粒がデトックス、吸着排出効果などにとくにすぐれた形状になっています。

どちらかというと汚れとしっかりと結びついて、ぐいぐいと掻きだすように毛穴の浅い位置までをキレイにしてくれます。

針葉樹(ヒノキ)の香りでとてもリラックスできるアイテムで、よく高級温泉などで、香り効果をあたえつつボディ洗い用としても設置されていたりします。「あの黒い石鹸どこの?」と思っておられる方、8割がたこの製品と思って間違いない、自信の洗浄力のロングセラー商品です。
もともとこの配合タイプの先駆けが、ペリカン石鹸のこの製品だったといえば、納得かもしれません。それだけに根強いファンがとても多く、口コミ系のコスメサイトや通販サイト各社では、この製品一つにそれぞれ数千件の口コミが見られるほど。女性からの物も、男性からのものも多いのが、やはり人気を表しています。
こんなに掻きだして肌がきれいになった後、潤いもなにもかも失われそうで怖いとおもう方も多いかもしれませんが、洗った後はベントナイトによる被膜の形成効果で、ベールのように肌を包みこむことで、保湿と保護機能をプラス。

良く考えられている石鹸なのです。

ペリカン石鹸「泥炭石」の効果

やはりなんといっても、角質化してしまった顔の口元、アゴや目元をはじめ、脂と毛穴つまりが大量に発生する、小鼻の周り、額、頬などそしてにおいと毛穴のべたつきが気になる耳の後ろ周りの皮膚など、さまざまの汚れが1発でキレイになる爽快感。

洗顔フォームでもこうした配合をうたったモノや、各メーカーからのスペシャルケア製品が出ていますが、個人的にはこの泥炭石だけがダントツという感じがします。

理由が、洗い上がりの最後に皮膚に出来上がる被膜が厚すぎないこと。

やはり洗い上がった後の残留物が、もしケアのためだとしても手で触れて気になるような「もしかして、また毛穴つまりができ始めた?」なんて思わせるようなことも少なくありません。
こちらは均質に本当にうっすらとだけできるため、とてもさらりとしながら潤ってくれます。

乾燥肌の人にはちょっと物足りない潤いかもしれませんが、健康~オイリーモイストな肌で、自前の肌の潤いが十分な方なら、この石鹸1つでかなり洗顔後の印象が変わった感じがすると思います。

男性やオイリー肌特有の、開いた毛穴に白い詰まりものが沢山出来た肌でも、この石鹸でしっかりと手でこすりながら洗えば、毛穴がすっきりつるつるです。

ここに化粧水やニキビケアなどスペシャルケアアイテムを追加すればよいだけという、シンプルステップのお手入れベース用にもオススメできます。

我が家では老人世代から、20代までが使用していましたが、ボディ洗いでも絶品。
とくに胸元やワキ、背中の真ん中など、じつは結構脂がたまりやすく、洗いにくいといったゾーンも、真夏すっきりとした洗い上がりに仕上げてくれました。
かさつきやすく粉を吹いたり、ひじやひざなど角質がかさなってゴジラのようになっている部分や、黒ずみもてかりまでがキレイに出来る製品として人気です。

ペリカン石鹸「泥炭石」使用者の口コミ

良い口コミ

さっぱり感としっとり感のバランスが良い、ボディ洗浄にも使っている洗顔石鹸。泡立ちもよく、泡切れもよくて、すすいだあとさっぱりしてつっぱらない、グレイの石鹸。とっても気に入っています。
他の方も書いていらっしゃいますが、くすみ抜けして顔色が明るく見えます。鼻の毛穴から白い角腺がぴょこぴょこ飛び出していたので、残った泡を洗顔パフに取って、くるくる優しくマッサージしました。すっきりした洗い上がりが好みの人には、合う石鹸だと思います。肌の弱い人、しっとり洗い上げたい人には、少しキツめかな?
毛穴の黒ずみが小さくなってきました☆酵素洗顔より良いかも。洗顔ネットでモコモコに泡立てて泡洗顔しそのまま泡パックしています。
これを使ってから肌がワントーン明るくなったように感じます。肌が荒れまくっていましたが落ち着いてきて、結構良い効果を感じています。
明るくなったし、日焼けの色むらも薄くなってきました。ニキビ跡も薄くなってツルツルしてるのも感激!

悪い口コミ

1ヵ月くらい使ってみて、敏感肌の私には皮脂が取れすぎな上に小さく赤い腫物が出来たり、毛穴の周りがカサカサになり皮が剥げてしまい合いませんでした。
顔とボディには、問題なく使用できたんですが、何故か両手が赤くなり痒くなりました。最初は石けんが原因とは気付かなかったのですが、使用を中止したら痒くならなかったので、コレが原因だと思います。ボディのサッパリした洗い上がりは良かったので残念です。
温泉旅行に行った時に、売ってたのを見て買ってしまいました。あまりにもさっぱりしすぎて顔がつっぱちゃう。ヒノキの匂いもちょっと苦手でした。体用に使い切って終わりです。

やはり強力な洗い上がりのせいなのか、敏感肌の人とそうでない人ではっきりと分かれています。
とくに若い世代を中心に、ヒノキのニオイが苦手という世代なども居て、このあたりも好き嫌いを左右するところのようです。

かなりの洗浄力を感じさせるコメントが多いのは納得ですね。

まとめ:男性でも使えるか

もともと男性でも使いやすい石鹸ということで、ホテルやお土産店、デパートやドラッグストアなど、全国幅広いエリアと店舗で販売されているアイテム。

とくにヒノキや針葉樹の香りは、男性化粧品、トニックやパルファムとも相性抜群で、すれ違う時にさわやかでかっこいい男性を演出してくれそうです。

お肌のコートはしてくれますが、潤いは上から化粧水などでも補った方がよさそうなかたもあり、あくまで個人の肌質や肌の丈夫さによって別れるような気がします。

それよりもお勧めなのが、男性ではなかなか外で買いにくいパックとしての使い道。

泡を顔に載せて湯船で数分待つだけですが、毛穴の黒ずみなどをかなり解決してくれるとして評判です。

各所の売り上げナンバーワンソープですが、男性に、とくにおススメしたい石鹸です。

ペリカン石鹸の泥炭石(でいたんせき)はこちら