kuma700目の下にできる症状の1つにくまがあります。
目の下くまは男女ともに見られる症状となりますが、現れることで、相手に疲れて見られたり、老けて見られたり、また、顔全体に覇気がないように見られたりと、その印象ににも悪影響を及ぼすことになります。

効果的な対策をするには、目の下くまの種類を知ることが大切なことになり、それぞれの種類によって現れる原因や症状、対処法も異なってきます。

スポンサーリンク

黒クマの原因と解消

目の下くまの種類としては、まず、黒くまがあります。
特徴としては、目の下がふくらんでいたり、くぼんでいたりの症状となり、他にも目がたるんでいたり、見る角度によっては濃さが違うなどの症状となっています。

黒くまの原因としては、1つ目として加齢があり、目もとにある皮下脂肪と骨のすぐ上にある脂肪が加齢とともに委縮をするために、くぼみが目立つことになります。
また、目の内側から頬にかけての靭帯部の脂肪の委縮もその理由となり、脂肪や皮膚のゆるみによる影がさらに黒くまを強調することになります。

2つ目としては、眼球を囲んでいる眼窩脂肪と呼ばれる目の奥にある脂肪が加齢にともなって目の下に移動することがあり、若い人の黒くまでは、ここでの眼窩脂肪が多すぎることも原因として上げることができます。

黒くまは、先天的な原因から症状が現れることもあり、この場合には生まれつきの目もとの構造がその理由となる場合もあります。
対策としては、スキンケアや目の回りのツボ押しやストレッチが効果的な方法となりますが、目の下のふくらみや光の当たりかたによる印象を解決するには美容クリニックでの治療が必要となります。

赤クマの原因と解消

目の下くまには赤くまと呼ばれる症状があります。
赤くまは目頭の下あたりにできることが多く、症状としては赤っぽく膨らんで見えます。
それは、目もとの血行不良や、目もとの脂肪となる眼窩脂肪がふくらむことで目の上下にある筋肉を圧迫し、それが透けることが原因となっており、パソコンやスマホなどの使用で、同じ画面を長時間見続けていた場合などに起こりやすくなります。

赤くまは、他のくまに比べた場合にはその症状も比較的軽い場合が多く、対策としては、まず、血行促進を図ることが必要になります。
ホットタオルやマッサージをすることで効果を得ることができ、ここでは、目の回りのツボ押し等を行うことで血行の改善につなげることができるようになります。

赤くまでは、目の下の毛細血管に血栓が生じることで起こる場合もあり、その場合にはビタミンKを摂取することで効果が期待でき、海藻類やブロッコリーなどを上げることができます。
目の下の膨らみがなかなか消えない場合、また、すぐにでも赤くまを消したい場合の対策としては、他に、外科的に対処を行うことも1つの方法となりますが、この場合には美容クリニックにて脱脂術による施術を受けることになります。

高周波のレーザーメスを使用して行われるために傷口を作ることなく対処をすることができ、時間においても短時間で済ますことができるようになっています。

茶クマの原因と解消

茶くまと呼ばれる目の下のくまの場合は2つのタイプがあり、まず、1つには表皮にできたシミと同レベルのものがあり、もう1つは真皮レベルでメラニンが皮膚の奥の方まで沈着しているタイプとなります。

茶くまの主な原因としては色素沈着がその内容となりますが、表皮レベルの場合には紫外線による影響と、目をこすり過ぎることによる色素沈着が理由となっています。
また、人によってはアトピー性皮膚炎や乾燥による痒み、化粧品のかぶれなどが原因となる場合もあり、特徴として目の下以外にも症状が現れてしまう場合があります。

茶くまのもう一つのタイプの場合には、原因としてはアザがあり、通常知られている内容としては、20歳前後から発症し、目の下を含めて、両頬やおでこ、また、小鼻などにも見ることができ、青みのある灰色と茶色が混ざったような色素斑が現れます。

この場合の対処法としては美容クリニックにおけるレーザーでの治療が適した方法となります。

茶くまの対策としては、一般的ものとして、まず、刺激を与えないことがあります。
茶くまの原因としては皮膚への摩擦による色素沈着が大きな原因となるために、強くこすったり、強いマッサージは行わないようにする必要があります。

また、紫外線対策を万全に行うことも効果があり、日焼け止めも含めて、外出時には帽子やサングラスを着用することも大切な対策の1つとなります。

異常を感じたとき

目の下くまには、他にも知られている種類として青くまがありますが、症状が認められる場合には体調に関しても考慮をすることが必要になります。

一般的には、くまに関しては疲れや寝不足などがその原因として考えられがちですが、場合によっては何らからの病気のサインとなっている場合も多く、例えば、考えられる病気として、鉄欠乏性貧血やバセドウ病、肝臓や腎臓の疾患、うつ病などがあるために、異常を感じた場合には該当する専門科において診察を受ける必要があります。

スポンサーリンク