コスメデコルテ「フィトチューンハイドロチューナー」

『コスメデコルテ フィトチューンハイドロチューナー』

ファンの多いコスメデコルテの化粧品。私自身はイグニスやアルビオンを使っていて、コスメデコルテも取り入れている「乳液先行型美容」は肌に合っているようです。

代謝が落ちて、化粧水→乳液の化粧品だと肌に浸透しにくくなった人、大人ニキビ・乾燥・ストレスなどで肌表面がごわついてしまった人、香りのいい化粧品を使うことで癒されたい人におすすめの化粧品です。

スポンサーリンク

コスメデコルテ「フィトチューンハイドロチューナー」徹底評価

コスメデコルテ「フィトチューンハイドロチューナー」の評価

ブロガーの方で、このフィトチューンの製品を絶賛する人がいたので、私は最初にクリームメイク落とし「フィトチューンソフニングクレンズ」を使用しました。

クリームメイク落としで肌がふっくらとする感触がわかったので、フィトチューンをラインで使ってみたくなり、乳液「フィトチューンリファイニングソフナー」とこの化粧水「フィトチューンハイドロチューナー」とセットで購入しました。

クリームクレンジングのあと、乳液→化粧水の順番で使用します。
洗顔をプラスすることも可能です。

フィトチューンには美白タイプの白いパッケージもあります。
「フィトチューンハイドロチューナー」は200ml5000円、110ml3000円。
美白タイプも価格は同価格です。

価格は愛用しているアルビオンの化粧品、薬用スキンコンディショナーエッセンシャルが110ml3500円、165ml5000円なので、同じくらいの価格設定。
一般的なデパートの化粧品ブランドの化粧水もこのくらいの価格帯であることが多く、ドラッグストアの化粧水と比べると少し高いですが、デパートコスメとしては高すぎることはありません。
コスメデコルテはアルビオンの化粧水よりもインターネット購入がしやすい点に魅力を感じました。

過去に美容雑誌のベストコスメを受賞した商品でもある化粧水は、水のようなシャバシャバとした液体。
手に出してみると甘いフレッシュフローラルの香りでエッセンシャルオイルが配合されています。肌につけると香りは消えていきます。

コスメデコルテでは、リポソームと呼ばれる美容液のファンが多いです。美容液をつけたあと、乳液→化粧水の順番で使う乳液先行型の美容法も独特です。通常だと化粧水→乳液の順番になることが多く、使っている人はライン使いをしている人が一般的。この化粧水を使うのなら、予算の都合がつけば、リボソームと呼ばれる美容液、そして乳液とセットでライン使いするのが効果をより感じられるのではないでしょうか。

コスメデコルテ「フィトチューンハイドロチューナー」の効果

コスメデコルテ「フィトチューンハイドロチューナー」の効果

ハイドロチューナーはホームページによると「太古の植物の恵みがいきる化粧水」。
角質の深い部分まで潤いで満たしてくれます。毛穴も目立たないふっくらした透明肌になります。

植物の恵みが結集した化粧水は、潤い不足、毛穴の目立ち、透明感のなさをケアしてくれ、柔らかな素肌に導いてくれます。保水機能に注目したG.G.B.フォーミュラを採用し、角質細胞が潤いで満ちた透明感のある肌を叶えます。使い続けていくほどにキメが整い、毛穴が目立たなくなります。皮膚刺激感テスト済みなので、アレルギー肌の人にも使ってもらうことができます。

乳液先行美容法は、アンチエイジングにも効果的。
代謝が落ちてくると、いくら高い化粧品でも肌に浸透していかない悩みを持つ方が多くなってきます。そんな時、乳液で肌をほぐして柔らかくしてから化粧水を入れこむのは画期的な方法ともいえます。コスメデコルテのフィトチューンも、そんな肌をほぐして入れ込むことができる化粧水です。

コスメデコルテ「フィトチューンハイドロチューナー」使用者の口コミ

私は、アルビオン、イグニスをメインで使用しています。コスメデコルテもアルビオン同様、「乳液先行型」の美容法を取り入れています。そのため、コスメデコルテに興味を持ちました。

妊娠、出産を経験し、その期間はデパートなどに化粧品を買いにいくことができなかったので、インターネット通販がメインになっていたのですが、アルビオンやイグニスは店頭販売がメイン。そのため、インターネット通販ではコスメデコルテの方が扱いの市場が大きく、こちらが買いやすいように感じました。

過去に大人ニキビになった経験があり、その際には化粧品が肌に入っていかなかったため、乳液先行型の化粧品はお守りみたいな存在で、なくてはならない存在です。

フィトチューンの乳液はアルビオンよりもゆるく水分量が多めです。
化粧水はフローラルの香りでローズっぽさもある女性らしい香りで癒し効果もあります。

乳液で肌を柔らかくしておき、化粧水で水分を取りこむことで、肌のキメも細かくなります。
代謝が落ちてくると、高級な化粧品も「肌に入っていかない」状態になるので、乳液先行型で肌をほぐしてから水分を取りこむ方法は私には合っているようです。

まとめ

男性にも使ってもらえる化粧品です。

その際は乳液と一緒にライン使いしてもらえると、肌を柔らかくしてから水分を取りこむことができるので、キメも整いやすくなります。
カミソリ負けなども乳液保湿してから化粧水をつけるとより肌がしっとりしていいのではないでしょうか。気になる点は、ピンク色のパッケージなので女性っぽさがある点。また、香料がフローラル系な点です。

香りはすぐに消えるので、気にならないのなら使いやすい化粧品です。

乳液先行型美容の化粧品の中では、インターネット通販でも売っている率が高いブランドなので、インターネットからも買いやすいのがメリットです。

スポンサーリンク