泡立てネット

男のスキンケアのポイントは、洗顔と保湿のダブルにあります。

洗顔はもちろん、ボディを洗うときにも役立つのが、「泡立てネット」です。

スポンサーリンク

泡立てネットとメンズ肌

メンズの肌状態と申しますのは、ベタつきがちなのはTゾーンであり、顔のUゾーンはその逆パターンで、カサつきやすいのが特徴としてあります。
この2つのダブルポイントを押さえておくことで、男性陣は良い肌状態を保持しやすくなります。

男の洗顔

男性の洗顔は1日に2回を基本として、石鹸などの洗浄料を使用するのは、1日に1回で十分です。
睡眠だけだからといって、朝全く顔を洗わないのはナンセンスです。

深夜の睡眠中には、体内修復を行うために、活発な皮脂分泌も行われます。
そのため、朝も面倒に思わないで男性も、洗顔をすることを実行しましょう。

洗顔する時間帯

朝の時間帯ですが、顔は石鹸などの洗浄料を、無理に使用をする必要がありません。
確かに深夜の時間帯の、皮脂分泌は盛んになりますので、その汚れを朝落とす必要はあります。

しかし深夜に分泌されるものは、ぬるま湯か、もしくは水で、するすると落とすことが出来るレベルです。
そのため朝に時間帯の男性陣の洗顔は、水やお湯で汚れを落とすことが出来るので、シンプルに顔をすすぎ洗いして終了で大丈夫です。

かわって夜の時間帯になりますと、その日1日の汚れをたくさん、毛穴奥にまで蓄積している状態です。
夜は洗顔フォームや石鹸を必ず使用して顔を洗う必要があります。

泡立てネットの使い方

顔を洗う方法ですが、まず石鹸をいきなり、顔の肌にこすりつけるようなことはしません。
石鹸前にすることがあって、それが顔の肌を、ぬるま湯や水ですすぐということです。

皮膚の表面に付着をした、軽いホコリや汚れなどは、最初の水やぬるま湯で落としておきましょう。
それは、とても軽くで構いませんので、ひと手間加えておくべきことです。

スキンケアを意識して顔を洗う

スキンケアを意識して顔を洗う方法として、泡立てネットで石鹸や洗顔料をよく泡立てることは、外してはならないことです。
表皮や毛穴汚れは、よく泡立てた泡に包み込まれるようにして、皮膚から取り除かれていきます。

夜の石鹸は水分を加えて、更に空気をなかに混ぜ込むような意識で、両手を使いました泡立てる必要があります。
泡立が面倒に感じる男性陣もいるでしょうが、その時には泡立てネットを活用する方法が役立ちます。

泡立てネットは100均のものでもOK

今では100円ショップにも市販されているのが、石鹸の泡立てに大活躍の泡立てネットの存在です。
1つあると顔を洗う時の泡立に、とても役に立つアイテムなので、購入をしておいてもいいでしょう。

石鹸や洗顔料をすり込ませて、水分を加えることで、どんどんと面白いくらいに泡立ちます。
泡立てネットを使用する場合は、使用後に乾燥をさせることを、忘れないようにします。

泡立てネットの保管方法

男性はひげそりの後に、カミソリを清潔に保ちますが、それと同じようなものです。
水分の多い場所に置いたままにすると、雑菌の繁殖の原因となります。

泡立てネットは使用後に、水をよく切って、風通しの良いところに干して乾かしておきましょう。

泡立てネット洗顔

よく泡立てた石鹸は、その泡を肌の上にのせて、リズミカルに顔を洗います。
その方法ですが、手の平を顔の肌に、擦りつけるような洗い方をするのは、ワイルドすぎて肌が弱くなります。

手の平と肌の間には泡がある状態で、リズミカルに優しいタッチで、マッサージをするように洗います。
スキンケア目的ですので、洗い方の方法として、特に油っぽくなるような部分は、少し洗い方を工夫します。

Tゾーンはベタつきやすい場所なので、ここは指先と泡を使い、念入りに洗うなどの使い分けも必要です。
頬や額などのパーツは、円を描くように、指と手を優しく動かして、泡の弾力で包み込むように洗いましょう。

すすぎも大切

汚れが泡によって取り去られたら、それをよくすすぎ流す必要があります。
洗顔料が毛穴へ残りますと、皮膚にとってはそれが刺激になります。

スキンケアの基本は、肌への優しさにありますので、皮膚への刺激を与えないように、洗浄成分は残すことなく濯ぎで洗い流しましょう。

保湿はもっと大切

洗顔後には男性の肌にも、十分な保湿を必要とします。
毛穴汚れを落としたら、保湿のスキンケアは鉄則となりますが、男性の場合は肌が、油っぽいのを気にする傾向にあります。
化粧水や乳液をつけることに、抵抗を感じることもあるでしょう。

しかし、何も付けないままで乾かしてしまうと、そのほうが問題の多い肌状態をつくることになります。

保湿で肌環境を整える

なぜ保湿を男性も必要とするかというと、肌の良い環境を整えるために、男性の肌にも水分と油分の良い環境が必要だからです。
皮膚の油っぽさを気にして、保湿を怠ってしまうと、毛穴は感想をするので、本能的に体は守る働きを作動させるので、もっと皮脂を過剰に分泌させるため、指令を出すことになるのです。

そうならないためにも、清潔に洗顔を行ったら、男性用の化粧水を顔全体につけましょう。
そのあとには、化粧水の水分蒸発から皮膚を守るために、男性用の乳液をつけることで、男性にとってベストな保湿のスキンケアができます。

スポンサーリンク