れんげ化粧水

れんげ化粧水はシンプルな使用方法が魅力の化粧水です。

れんげは75年以上の歴史を持つ美肌化粧水の元祖と言われています。

れんげという名前がついていますが、これは蓮華の華が咲くような美しさを持った創業者が、命名したからなのだそうです。なので、れんげは入っていません。

シンプルな使用方法で肌荒れ・ニキビがなかなかよくならない人・肌の衰えを感じる人・シミやそばかすなど幅広い効果を発揮してくれます。

スポンサーリンク

れんげ化粧水の特徴

ギリシャ神話では「黄金の果実」と言われたレモンはクエン酸、天然ビタミンC,E ペクチン、レモンポロリフェノールなど肌を健やかに保つ成分がたっぷり入っています。
また、れんげ化粧水のパッケージはプラスチック製のシンプルそのものな容器に入っており過剰コストを避けているため、140ccで税込み970円という安さで入手できます。

シンプルな使用方法を守りましょう

れんげ化粧水の使用方法はとても変わっています。愛用者の間では「れんげの掟」と言われているのだとか。

・基本的には化粧品は使用しない。

・洗顔はクレンジングや石鹸は使用せず、れんげ化粧水一本で行う
(れんげ化粧水を顔にたっぷりと塗り、5~10分放置したのち、ぬるま湯で洗い流す)

・一日に何度もたっぷりと付けましょう。

・他の基礎化粧品(乳液・クリームなど)との併用はしないでください。

などとなっています。お化粧をフルでされている女性にとっては少し難しいと感じるかもしれませんね。女性はミネラルファンデーションをれんげ化粧水を塗ったあとに乗せ、ポイントメイクは普通にしていてポイント用のクレンジングなども使用すると効果的です。

男性や化粧をしないお子さんや学生さんならば、誰でも抵抗なく使用できる化粧水と言えますね。

れんげ化粧水を使用する時の注意

・香料・着色料無添加の安心な化粧水なのですが、その分「使用期限」は三か月間です。
使用後は冷蔵庫に保管しましょう。

・レモンを使用しているため、「目」に入るととてつもなく沁みます。目に入らないように注意しましょう。また、夏場などれんげ化粧水を付けた後に汗をかいた場合にも目に入りやすくなりますので気を付けてください。

・人によっては合わないことも…
レモンのクエン酸効果で自然にピーリングの効果があるのですが、この成分が刺激に感じてかゆみや痛みに感じる人がいます。その場合は使用を中断してください。

れんげ化粧水の効果

  • 毛穴が目立たなくなった
  • 高い保湿効果により乾燥知らずに!
  • ぷりぷりした触り心地の肌になれた
  • 顔かくすんでいたがクリアになってきた。

塗布の仕方

けんれ研究所のスタッフのお話によると、小皿にキャップ一杯ほどを開けて、手の親ゆび、人差し指、中指の三本で顔に乗せるような感じで塗るのが一番効果があるそうです。

わたしは100均で売っているプラスチック製のアトマイザーに詰め替えてシュッシュッとスプレーしています。ガラス製の700円くらいするアトマイザーではなぜか化粧水の保湿成分の影響なのかスプレーのボタンの部分が動かなくなってしまいました。

使ってみて特に刺激やかゆみなどの異変を感じなかった人にぜひ言いたいことは、とにかく「使い続けること」です。

一時的に角栓が目立ってくることがありますが、無理に取ったり抜いたりせずに自然になくなるまで「放置」してください。自然に角栓が詰まっていた皮膚がふっくらとして来て角栓を押し出して排出してくれます。その後は皮膚が穴を埋めてくれます。
また、一時的に顔が「黄ぐすみ」したように感じる場合があるようです。でも、ここでほかのクレンジングをしたり石鹸洗顔に手を出すのは辞めてください。
ここを乗り越えると余計なものがしだいにはがれていき白い肌に生まれ変わりますよ。

れんげ化粧水の口コミはどうなのか?

れんげ化粧水の口コミはネットなどでたくさん見ることが出来ますが、本当にひとそれぞれ。合う合わないはハッキリとわかれています。
しかし、やはり掟通りに使用した人の評価が高いことがわかります。

また、宣伝費をかけていない化粧水なのにここまで口コミが多いのはやはり本物の口コミだということがよくわかりますよね。

邪道使い(化粧したり、クレンジング剤、石鹸洗顔)をしていても合っていればかなりの効果を発揮することもわかります。わたしはそのタイプですので、できれば掟通りに使用してみたいと思いつつもなかなか実行に移せていません(笑)

なかでもニキビや角栓のつまりのお悩みが多く解消されているようですので、一度肌をリセットする意味でお化粧やいろいろ塗りたくるお手入れなどをお休みして、シンプルでコスパ抜群のれんげ化粧水に切り替えてみるのも一つの手ですね。

まとめ

一本で洗顔からお手入れまですべて一本で完了してしまうすぐれものと言える「れんげ化粧水」。

石鹸やファンデーションは原則使用しないことが、この化粧水を使っての美肌への近道ということですので、もともとお化粧をしない男性や忙しい女性にはうってつけの化粧水と言えるでしょう。

女性の場合、メイクしたい場合にはポイントメイクにとどめても、このれんげ化粧水で美肌をゲットできればファンデーションを塗っているように見えるようですよ。お価格もとてもお安いので是非一度試してみてください。

スポンサーリンク