資生堂「肌水」

オススメ化粧水!『肌水』クリーム肌水 ボトルタイプ

まるで飲料水のような爽やかな印象のボトル!
資生堂から発売されている『肌水』をご存じでしょか?

たっぷり400ml入っているのにお手頃な価格で販売されています♪
高級化粧水と比べて贅沢に使えますね。

いっぱい使いたいけど、高いものには手が出せない…
そんな方にはぜひ試してほしいです!

さて、肌水は全4種類販売されていますが、その中から『クリーム 肌水』
を今回はオススメしたいと思います!

スポンサーリンク

資生堂『肌水』徹底評価!実際使った感じはどうなのか?

肌水が作られたきっかけは1995年のミネラルウォーターブーム。
水への意識が高まる中、人々が注目するのは飲み水でした。

しかし、飲み水にこだわるのに、なぜ肌への水はこだわらないのか?
そんな思いから生まれたのが肌のためのミネラルウォータです。

富士山から流れる天然水を活用しています。

そんな肌水はボトルの形や見た目にも、実はこだわりが隠されています。
化粧品の入れ物といえば、高級感あふれる瓶タイプや細くシュッとしたデザインが多いかと思いますが、肌水はミネラルウォーターをイメージして薄肉ボトル。
表面凹凸があるため、持ちやすく手から滑りにくいんです!
また、ペットボトルなのにしっかりとした硬さも◎

あけ口が割と大きめな作りになっており、一回降ったら一滴しか出てこない。
なんてイライラもありません♪

肌水はph6の弱酸性で作られています。
健康な肌というのはph4.5?6.5の弱酸性。
しかし、洗顔や入浴をすることでどんどん変化しているんですよ。
そこで肌水をつけることで、元の健康な肌へと戻すという仕組みに♪

普通の化粧水と比べてさっぱりとした肌触りになっていますね。
つけた後のベタベタ感を気にすることもありません!
しかし、『クリーム肌水』という名の通り、サッパり感の中に滑らかな肌触りはきちんと存在しています。

ほぼ無臭ですが、若干の香りは付いています。
花や柑橘系などのフレグランス的な香りはなく、どちらかというと薬用滴な香りです。
ずっと嗅いでいたい!という気持ちにはならないかもしれません。
ただ、顔につけて気に成るほどではないので、ご安心を。

資生堂『肌水』の効果

人の肌というのは、水分がなくなるとシワになったり、ニキビができたりしますよね。

そもそもニキビというのは、肌汚れや食事バランス・体調不良などからできるものですが、
水分不足もできる原因に!

乾燥肌なのでニキビができるという方はまさにそれです!
肌水分が少ないことを補おうとして、脂が表面に出てきてしまうそう…

なので、こまめな洗顔や化粧水で潤いを与えることが大切なのです♪

先ほども書かせていただきましたが、『クリーム肌水』はリーズナブルなので、お値段を気にすることなく使うことができて嬉しいですよね??

そして体全体にもつけることができるので、乾燥防止につながります!
背中に使用する場合はスプレータイプにすることをお勧めします。
手のひらに化粧水を乗せるとこぼれてしまったり、全体に行き渡らなかったりするので。

また、どちらかという皮脂脂が目立つ方にも使っていただきたい!
脂っぽい肌に濃厚な化粧水やクリームを塗ると余計ベタベタして気持ち悪くなった。という経験はありませんか?
肌水は肌触りもさっぱりしているので、そんなお悩みも解消してくれるはず♪

資生堂『肌水』使用者の口コミ

『クリーム肌水』の口コミで目立つのが
・ 安い
・ 全身に使えていい
・ さっぱりする
・ 夏に便利

などでしょうか。
やはり使っている方は、安さや全身に使えるといった部分に惹かれているようです。
さっぱりしたい方にも好評。
髪の毛にかけてヘアスプレー代わりにしておる方も!
本当に全身くまなく使っているんですね♪

ただ、中には乾燥肌の人には、合わないという意見もあるようで…
天然水の中にクリームが溶け込んでいるため、クリームのような化粧水とは違います。
より保湿を求めている方には効果が少ないとかもしれません。

夏と冬で化粧水を分けている方も悩みどころですね。

『クリーム肌水』を上手に使っている人は、オフィスでさっぱりしたい時やスポーツ後に汗を拭きたい時に使用しているみたいですね♪
簡単にスッキリできる為ぜひ試してみてください!

まとめ

最後ですが、男性女性とはず使えるものだと思います。
刺激が少ないので、化粧水を初めて使う方にはオススメです!

さっぱり感を求めているならぜひ使ってみてください♪
また、肌水のホームページにこのような表があるので、チェックしてみてください。
自分に合っているかどうかの参考になりますよ??

資生堂ホームページ

素肌ケアにおいて、高い化粧品が必ずしも良いものとは限りません。
いかに、自分に合っているものを使うかが大事です。

まずは、自分の肌がどういった体質なのか、何が不足しているのかを確かめましょう!
あとアレルギーのチェックも大切ですね♪

また、化粧水とつければ綺麗な肌になるというわけではありません。
洗顔や体調管理、保湿もきちんと行うこと。
化粧水をつけただけでは、水分はどんどん乾燥してしまうもの。
乳液や保湿クリームといったものをつけることをお忘れなく!

肌ケアを始めたばかりは効果が出にくいので、辛抱強さも必要ですよ♪

スポンサーリンク