資生堂(しせいどう)

資生堂「サボンドール」の効果と口コミ!

資生堂「サボンドール」

「SAVON D’OR」

コスメラインの石鹸から浴用ラインまで、種類も豊富な固形せっけんや液体石鹸、洗顔フォームを販売している資生堂の中で、まるでケーキのクリームのような濃厚でコクのある泡がモクモクと出来上がってくる洗いやすく万人受けする石鹸がこのサボンドール。

新鮮密封で濃厚な泡、いつもフレッシュな石鹸が楽しめて好評です。

資生堂「サボンドール」徹底評価!

お歳暮用の石鹸や贈答用として、長く親しまれてきましたが、通常サイズの一般せっけんは、2015年に生産中止。
根強いファンが沢山ある製品でもありました。

ですがまだ、ホテルや業務用生産としては、販売が多数行われています。

こちらの石鹸は、出来上がったばかりのものを、袋にぎゅっと瞬間密封。

100%植物性石鹸素地を使用

100%植物性石鹸素地を使用しているので、とてもなめらかで肌を優しく包み、しっとりと洗い上げてくれます。

贈答に送られてきたこちらの石鹸の泡立ちのよさ、香り、真っ白で輝くような泡と、最近の洗顔せっけんブームの先駆けだったのではないかと思えるほど、もちもちで豊かな硬めの泡。

大手各社を見渡しても、さすがにこの品質の石鹸はないとして、各社がこぞって年末や6月に買いに走っていたほどです。

泡立ちと香り

泡立ちの濃厚さもさることながら、香りもフローラルとウッディノートを掛け合わせて、男女を問わず、また季節を問わずとてもおちつけて、さわやかな中に、どっしりとした高級感を感じさせてくれます。
なんとなくこの石鹸を鼻に押し当てると、華やかで浮き立った若い女の子のコロンやオーデコロンというよりは、紳士が使っている昔からある定番パフュームという感じの印象があります。

洗い上がりのしっとり感と泡立ちのよさとツヤを実現している中には、植物性スクワランを配合している効果もあります。

新鮮密封

新鮮密封というだけでも発売当時たいへんめずらしいものでした。これまで通常石けんは紙包みで、使用を始めるころには、かなり香りが飛んで、放置されていた環境の影響で、ひどく泡立ちが悪く硬くなったものを使うというのが定番。

ですがこちらは豊かな香りに、かなり表面が硬く乾いて引き締まっていても、泡立ち自体が豊か。

たとえばタンスや下駄箱、室内の芳香剤などとして、包装材をやぶって使用してきた、表面ががっちりと乾ききった石鹸でも、周りをぴーらーなどで剥いたり、あるいは3-4回ボディを洗ったりする用途に使った後には、豊かな泡立ちでほぼ新鮮なのではないかと思われるほどになってきます。

もともとかなり泡立つタイプの石鹸のようです。

金の石鹸

サボンドールとは、金の石鹸。
石けんの中でも最高級クラスの名前をつけた製品でもあり、高級感がまったく異なる別格石けん。しかも大手各社の石鹸の中でも、ひときわ高級感のある香りと、包装デザインでした。

現在各社で通信販売などで売られているものは、ホテルアメニティなど向けの小さなサイズのものが中心。
そのため、通常サイズの物よりも、泡立てには多少時間がかかり、潤いが石鹸に留まる時間も短くなってしまいます。

それでも、たとえば使用前に石けんをいくつか湿らせて合体させて大き目にすることで、使用中の乾燥を防ぐ構造や表面積にアレンジしたり、逆に刻んでボトルなどに入れて、使う分だけを取り出しても、この製品の豊かな泡立ちなら、製品を無駄にすることなく、きっちりと使用しきれそうです。

現在売られている製品も、いつ在庫が尽きるかわからない上、最近になり終売、生産終了に気付いた人たちがまとめ買いに走っていたりという現象も見られます。

ひきつづきサボンドールを使用したいなら、いまがまとめ買いのラストチャンスかもしれません。

資生堂「サボンドール」使用者の口コミ

良い口コミ

[char no=”6″ char=”いいね!”]香りがすごく気に入っています。
また、泡立ちが非常に良く、モコモコになります。
マイルドな泡で肌の上を滑らせるようにし洗います。
洗い上がりはさっぱりしています。
この後にはやはり保湿をしないと肌が乾燥してしまいますが、もう少しお値段が安い石鹸よりも刺激が少ないような気がするので、肌が乾燥気味の時に使ってもそんなに乾燥する感じがしませんでした。[/char]

[char no=”6″ char=”いいね!”]洗い流した後のぬるっと(しっとり?)感が気になるけれど、乾燥対策によさそう。[/char]

[char no=”6″ char=”いいね!”]身体を洗うのに使っていますが、泡立ちも香りも洗浄力もいいです。
すっきりした洗い上がりですが、ローションで保湿するので問題なし。
そして肌がすべすべします。
香りの持続性はないけれど、お風呂あがりにほんのり肌から香る石鹸の香りにほっこりします。[/char]

[char no=”6″ char=”いいね!”]毎年お歳暮に贈ってくれる知り合いがいて、荷物が届くと、芳香剤代わりに、箪笥の引き出しの中に入れてあった石鹸を、入れ替えていまして、それが年末の習慣のひとつだったのです。コメント拝見してビックリ。これ生産中止になったのですか。[/char]

[char no=”6″ char=”いいね!”]泡立てネットでもこもこのしっかりした泡が作れます。この泡を体になじませて洗う形をとるようになってから、かゆくなるくらいだった全身の乾燥が和らぎました!![/char]

[char no=”6″ char=”いいね!”]ばら売りで安く購入できました。とっても良い香りとモチモチの泡がたまりません!おすすめです。[/char]

[char no=”6″ char=”いいね!”]この石鹸…サイコ―普段使いの牛乳石鹸や花王石鹸等とひとクラス違う、上品、高級感有る香り。バスリリ―等使わなくても粘りの有るきめ細い柔らかな泡立ちが立ちます。[/char]

悪い口コミ

[char no=”7″ char=”よくないね!”]フローラルウッディの香り。少し懐かしさを感じさせる香りかも。 泡立ちはまぁまぁ。洗い上がりがさっぱりなので、乾燥肌の方には向かないかも?[/char]

[char no=”7″ char=”よくないね!”]これを使うようになってから、手の甲がザラザラになってしまいました。小さいブツブツも3つくらいできているし…香りは昔は好きだと思っていたのですが。[/char]

多くの人ではこの石鹸の豊かな泡立ちと香りが人気のようです。また、石けんながら肌がマイルドですべすべになるため、顔やボディ、手など、すべての肌に使いやすいという方が多いようです。
高級石鹸だけに、顔限定で、たまにボディにもよく頑張ったご褒美用として使用される方などが見られます。

まとめ:男性でも使える?

香りがもともと男性的なものを含んだアレンジということもあり、男性にもおススメできる石鹸です。

とくに洗顔用として何か特殊な機能があるというわけではありませんが、豊かな泡が脂汚れをかなりがっちりとつかんでくれるので、W洗顔が要らないほど。

一度泡を立てたら丹念に顔面をマッサージする容量でなじませれば、それだけでしっかりとした洗顔ができる製品です。