UVケアで紫外線対策

最近百貨店やドラッグストアでもいろんな種類の日焼け止めが発売されていますが
SPFの数値が高いのがウリのもの、ノンケミカルがウリのものたくさんありますよね。
ですが、そのSPFの意味やノンケミカルの効果など知らずに、なんとなくで買っている方が多いと思います。
今回、日焼け止めについて詳しく理解し肌に合ったものを選べるようにしましょう!

まずは知ろう!紫外線の種類

実は紫外線は3種類あるのはご存知でしたか?

  • UV-A 肌の奥まで達しコラーゲンを破壊します。しわ・たるみなど老化の原因になります。
  • UV-B 肌表面への影響が大きくヤケド状態になる。日焼け・シミ・そばかすの原因になります。
  • UV‐C 肌への悪影響が一番強いですがオゾン層によって吸収され地上には届きません。最近ではオゾン層破壊問題により危険性が増しています。

日焼け止めが効果を発揮するのは主にUV-AとUV-Bに対してです。

日焼け止めのSPFとPAっていったい何?

簡単に言うとSPFはUV-Bに、PAはUV-Aにどれだけ効果をもたらすかの表示です。

SPFの横には必ず数字が記載されていますが、SPF1につき20分間UV-Bから肌を守ってくれます。
例えばSPF30の日焼け止めだと、30(SPF)×20(分)=600(分)で10時間持続するという事ですね。
最高でSPF50のものが販売されています。

PAの横には必ず+がついていますが
PA+ PA++ PA+++ PA++++の4種類があり
+が多いほどにUV-Aから肌を守ってくれます。

ただここで重要なのが、この効果を発揮するためには1平方cmあたり2mgつけないといけないそうです。
30g入った日焼け止めを、顔だけ毎日つけて約3か月でなくなる数字です。
そして、全く皮脂や汗をかかない場合の効果でもあります。
たくさんの汗はもちろんですが、体温調節のための流れない汗も含まれます。

汗は誰しもかきますし、白浮きしないために薄くつけるのは普通だと思います。
なので、表示されている数値分、必ず守ってくれるわけではない事を頭に入れておきましょう。

日焼け止めの効果的な使用方法

先ほど申し上げた通り、汗などで効果が薄れてしまう分
こまめに塗りなおす事がとても大事になります。
例えばSPF50を朝に一度ぬるよりも、SPF30をこまめに塗る方が効果的で、さらに肌へ負担もかかりにくいのです。
顔へつける場合はその上にファンデーションやおしろいなどをつける事でより紫外線カット効果が高まります。

ノンケミカルとは?

日焼け止めの主な成分で「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱材」があります。
・紫外線吸収剤は紫外線を吸収し科学的にエネルギーにかえて肌を守ります。
メリット 着け心地がとてもよく、紫外線カット効果が高いのでSPF・PAが高いものなどはこちらが多いです。
デメリット 敏感肌の方にとっては肌への負担が大きい。紫外線カット効果が持続しにくい

紫外線散乱材は、ミラーのように、紫外線を反射し肌を守ります。
ノンケミカルというのはこの紫外線散乱材を使用し、紫外線吸収剤を使っていないものの事です。
メリット 肌への負担が少なく、紫外線カット効果が持続しやすい
デメリット 紫外線カット効果が弱いのでSPF・PAは低くなりがち。白浮きしやすく着け心地が悪い

まとめ

日焼けしたくないからと言って一概に数値が高いものを選ぶのではなく、自分の肌や特に生活環境で選ぶものが変わってくる事をご理解頂けましたか?
これから紫外線がどんどん高くなる時期ですので、ご自身に合った日焼け止めをぜひ見つけてくださいね♪